• SAC Bros. Company

かくかくしかじか


頭の中にあったアッチとコッチがようやっと繋がり おおお…そういう事だったのか。と納得し 頭の中がスッキリした気がして機嫌が良くなり 土を作ったりろくろを挽いたりしていたら 何と何が繋がったのかすら思い出せなくなり いつもの事ながら…自らが情けなくなり 水道水を致死量。 摂取してやろうかと 自暴自棄になりかけていたまさに今。

思い出したので書いてみようと思います。

前書きがどうでも良いよう、その内容もまたどうでも良いです。

どうもこんばんは。motomanです。

作風ってものがあります。 例えば形や釉を見て あ、あの人の作品やないかな。 と思うアレです。

ろくろの挽き方を変えてみたり 素材について考えてみたりした結果。

自分の作るものが…どんどん散っていくこの頃です。

私の事をある程度知っている人であれば 一貫性が無いあたり どこにも落ち着けないあたり 優柔不断なあたりが まさにお前らしいじゃあないか。 と言ってはくれそうですが

この 1週間 でコロッと色々と変わってしまいました。

何があった。って何があったわけでもないし 一応 自分の中では筋の通っている事ではあるのですが その実験を試せる期限がなかなかに切羽詰まっていて 焦ってパニくってるだけかもしれません。

きちんとした事をしなければ…と 何か妙な不安感に煽られたので いつもの黒泥を使い、いつものように挽いておきました。

新作の酒器の試作達です。

明日以降に備え、伊賀の土を使えるように練りまくりました。 気付けば 9月 の予定が既にアップアップしてます。

それらに合わせる為、赤土も作りました。 非常にネバり気が強く、その荒々しさも格別です。 まァ 水簸していないので当たり前っちゃー当たり前なんですけれど。

明日 時間が取れれば早速…何か成形してみようと思います。 粉引をしてみたいな。とか。

さて そんなこんなで 何と何が繋がったからどやねん。という話でしたが やはりどうでも良さそうなので闇に葬ります。

書いてるうちに忘れたわけではありませんよ。っと

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0