• SAC Bros. Company

イングロリアス・バスターズ


今日は30℃もあったようです… どうりで車を運転しているだけで汗をかくわけですね。

どうもこんばんは。motomanです。

今日はイングロリアス・バスターズを観ました。 クエンティン・タランティーノの映画を観るのは2本目で、 1本目に観たのは「デズ・プルーフ」という映画で タランティーノの映画が初めてだったので、期待してはいたのですが 内容を全く見ないままに観たので、そういった意味の新鮮さもありました。

感想は… どうでも良いストーリィではあるものの、こだわりが顔を覗かせる場面が多々あり 1本の映画を観終えた感は全くないものの、言葉にはし難い感覚が残る。といったところでしょうか。 ある見方をすれば…村上 春樹のそれのよう、言葉に出来ない感覚を 言葉を使わずに表現している時点で、とても意味のある事のように思えます。

今日観たイングロリアス・バスターズという映画の感想は… これも前回観たものと同様、ストーリィはさて置き (これが良いか悪いのか、スレスレのギリギリさがタランティーノの魅力なのかもしれない? サリンジャーに非常に近しいものを感じる) ブラッド・ピットを活かし切った感はありました。 やはり彼はキレたキャラがよく似合う。 とまあ…ブラピファンとして満足のいく映画でした。

キル・ビルなんかは観る気にすらなれませんが^^;

この人が好きだからこの人の作ったものは全て観ておきたい。という ある種の達成欲のようなものがあると思いますが スワロウ・テイルから入り…岩井 俊二の他の作品を観て後悔したように キル・ビルを観たら残念感にさいなまれてしまいそうで。 と言いながら、パルプ・フィクションはいつか借りて観ようと思います。

といったところでここはひとつ

2回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0