• SAC Bros. Company

クリスマスを焚き尽くせ


イヴからクリスマスにかけて 私は赤松を小割りにした薪をくべ続けていました。

どうもおはようございます。motomanです。

さて。 前回同様、 Facebook でそれなりのリアルタイム更新をしていた為 ソッチで友達登録頂いている方はアレですが 喜楽歩での穴窯最終日の様子です。

熾 ( おき ) を溜めるべく、木蓋を 2回 に分けて押し込み 6本 の赤松を投げ込んで木蓋をする。というサイクルで ガンガン攻めていきますよお。
と、同時に。 年の瀬という事で、穴窯の他に 灯油窯も稼働中です。
オルトンが倒れるのをチェックしながら、薪をくべ続けます。

18時 から当番開始、 21時半頃 灯油窯 焼成終了のお知らせです。

穴窯の方は 赤松を投げ入れると、ゴウゴウという音と共に 煙突から火柱が上がります。

せっかくなんで 屋根に登ってその様子を撮ってみました。

小高い丘の上にある喜楽歩。 煙突から炎が上がっている様が周辺からよく見えます。

もちろん消防に申請しているのですが、パトカーが様子を見に来た事もあったそうな。

よくよく見てみたら、電気窯も稼働中でした。 年の瀬ですなあ。
滅多に使わないチビ窯も稼働中でした。 こちらは手動なので、設定温度に達した時に鳴るブザーを聞き 2度 に分けて温度を少し下げ、ねらしをして終了。

結局 ガス窯以外の全ての窯が稼働中でした。 年の瀬ですなあ。

ロストルから見た熾。 良い感じに溜まってます。

火前にこんもりと熾が溜まってました。

温度計が指し示す温度も良好。 1240℃ で一発目の引出し。

私が自身の品を初めて引出しをしたのは…ちょうど 1年 ほど前でしょうか。 会員さんの作品を引出す為、とりあえず復習を兼ね 八田さんがお手本を見せて下さいました。

30秒 ほどでしょうか。 焚き口が開きっ放しになってしまうので、窯の温度が下がります。 引出してすぐ、薪を投げ入れて昇温させます。

薪の表面が炭化していく様が、何とも面白いですねえ。 少し湿気た新聞紙ですら ライターでなかなか火が点かないというに、窯の中に薪を入れた瞬間 木から火が噴き出るように燃え始めます。

いやあ 1200℃ ってすげえなあ。と、改めて感じますね。

横からも少し投げ入れを開始しました。

何度か投げ入れて薪を確認したところ キレイに燃え尽きていました。 良い感じです。

引出し 2発目 。 スクッとした佇まい。 きっとこの花器は女性でしょうなあ。 別嬪です。
逆側も横から投げ入れ。 火が噴き出してマース。
計6本 の引出し。 半分は私がやらせてもらいました。

灰がよく溜まり、奇麗に溶けていますが 酸化気味でしたかねえ。

そんなこんなで 6時 になり、窯焚き終了。 窯出しは年明けです。

それまでゆっくりと冷まされて下さいませ。

東の空が仄かに白んで来た頃、帰宅しました。 大阪は今 0℃ です。

窯焚きをしていた時より、自室に居る方が寒いという。

私は普段、電気窯で酸化焼成ばかりをやっていますが 薪窯を焚くのをお手伝いする度に こういうのも魅力だなァ。と思います。

来年 5月 に、今度は岸和田で窯焚きのお手伝いをするので その度にちょっと入れさせて頂いてですね。 かっちょいい引出しをやらせてもらおう。と思います。

加えて 今回の引出しを通して、ある画が頭に浮かびましてね。 それをうまい事具現化できれば…かっちょいいモンが出来るかもしれないので 来年に着手、まあ…気長に実験を重ねて 貯金が無くならないうちに ( !? ) 人前に出せるところまで昇華させられれば良いな。と アイディアの欠片を見つけられた窯焚きでもありました。

お疲れ様でーす。 寝まーす

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0