陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

スウェーデン・アビスコ国立公園

スウェーデン・アビスコ国立公園

Sweden:Abisko National Park

9月初旬、スウェーデン北部のアビスコ国立公園は一年で最も「良い」時期を迎える。

スウェーデンのラップランド地方中心都市キルナから飛行機を降りれば、黄色に染まった森林、冷たい北風など、すでに晩秋の雰囲気が漂っている。

アビスコ国立公園は登山愛好者、ハイカー、トレッカーにお勧めできる秘密の場所。

なんでもアビスコ国立公園の麓に位置するアビスコステーション駅から、440キロにも続くキングスレーデン(王の散歩道)というハイキングトレイルがある。

訪れるならおすすめは6月の新緑の時期。もしくは、今回訪れた黄金に染まる9月。

特に9月はアビスコ国立公園の本格的な寒さが始まるギリギリのタイミングで、国内からの観光客は比較的空いているシーズン(外国人は少し多い)。アビスコツーリストステーションという美味しい食事を提供してくれる宿泊施設も営業期間内。

更に特筆すべきは、9月初旬なら22時〜2頃、ホテル裏の敷地から北の方角に現れる「オーロラ」を観測することも、可能性次第だができる。徒歩圏内で、「アビスコスカイステーション」という山の山頂付近に建てられている小屋までスキー場にあるリフトで揺られ(20分なので人によっては怖いかも!)、山頂付近から観測も可能なのです。

この日の夜もオーロラ観測したのですが、本当の本当の話で14℃でした。風があったので寒くは感じましたが、防寒着の装備がウルトラライトダウンだけで4時間も観測できたのは、オーロラ観測の経験が比較的ある私でも驚きました。

ANAは来年の夏から、スウェーデンのストックホルム線を直行便で就航します。

来年の秋は、是非、スウェーデンへ。



7回の閲覧
0カート