• SAC Bros. Company

スコットランド ヤード


いやあ。 私は基本的に、何曜日は休みにしよう。だとか この日はちょっと休憩しようかな。という予定を立てない人で 祝日だと言って、休んでいるわけではありません。

結局…家に居てもする事が無いし 土に触りたくなってしまうので…特に休みの無い生活になっています。

が、今日は久々に 古くからの連れと遊ぶ約束をしていて 丸一日オフにしてみました。

たまには…良いモンですね。

どうもこんばんは。motomanです。

三十路 男が4人…の予定が、1人は家族サービスというやつで来られず。 お昼過ぎに3人集まり、鳥さんが 「腹減った」と言うので、サイゼリアへ行きました。

私が注文したのは…もちろん。 ミラノ風ドリアです。 鳥さんカーで鳥さん運転だったので、たまには良いか。と 真昼間からワインを飲みました。

かなり久々に会った Sく は、最近アレやコレやでお疲れでしたが 3人で、中学生の頃の同級生はどうしているんだろう。 あいつは今こうなっている、あの子は何をやっている。と くだらない昔話に花を咲かせ、私の家に帰り着きました。

三十路男が3人…サイゼリアでダベる。だなんて 高校生の頃から変わってませんね…

それから、コレです。 📷何やら毒々しい写真ですが。 有名なゲームらしいので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。 " スコットランド ヤード " という、ドイツ発のボードゲームです。

鳥さんが購入した物で、未だやった事が無いからやってみよう。と持って来ました。 箱を開けてビックリ。ってやつです。

" Mr.X " と書かれた野球帽が出てきまして… 説明書を読むと 「 刑事に視線を読み取られないよう、この帽子を被ってください 」 との事でした。

え、グラサンでええがな。 帽子 要らんから本体価格を安くしてくれ。 と3人でつっこみましたが、きっと大人の事情というものがあるのでしょう。

しかし この帽子の効果が結構アレで…30分後には、犯人のデフォルト装備となりました。

ルールは至って簡単で、 地図の書かれたボードの上を、犯人である Mr.X は逃げ切りましょう。というもの。 移動にはその交通機関に適したカードを消費し、 Mr.X は特殊な移動方法や切り札を駆使して逃げます。

刑事5人、 Mr.X は伏せたカードに書かれてある位置からスタートで Mr.X は定期的に、その居場所を晒さなくてはなりません。 また、交通機関はタクシー・バス・電車の3種で それぞれのマスが、どの交通手段ならどのマスへ行ける。と決められています。

Mr.X は、動く度に使った交通機関を晒さないといけないので それを手がかりに5人の刑事が包囲していく。というわけです。

シンプルなんですが、これがまた…奥が深く 加えて、気の置けない3人ですから…性格が熟知されていて 結構な確率で、逃走ルートや行動パターンが見破られてしまいます…

結果、 Sく は23ターンを逃げ切り 鳥さんは 13 ターン 私は 11 ターン と、24ターンをフルに逃げ切れた人は居ませんでした。

中盤で大きな賭けに出たものの 鳥さんにその心理を読まれてしまい…逮捕。となりました…

いや、アレが上手く決まっていればフルに逃げ切れたはずだ! スタート位置に恵まれ、これは逃走成功という快挙を成し遂げよう! 後半まで持ち堪えたとしても、逃走成功しなければ意味がねえ!と 目標を大きく掲げた結果…その心理を読まれたので…負けは負けなんですが いや、しかし…くそう…

結局 三十路男が3人。 コーヒーと煙草と紅茶とピーナッツをお供に 晩御飯を食べる事も忘れるほど、6時間もボードゲームに熱中した。という 正視に堪えない1日となりました…

が、久々に Sく と会えたし なんかほんと、高校生の頃に戻った気がして スッキリとリフレッシュできました。

先日の展覧会でもらったパワーも溜まってますし。 明日は水挽きしまくろうと思いマス

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0