• SAC Bros. Company

ハーベストの収穫


今年は暖冬と聞きましたが、そうは言っても 寒い範疇での…暖かいであるわけで 本当に、気休め程度な言葉なわけですが まあ それにしたって 今日は寒かったですね。

明日は今日以上に寒いそうで まあ それにしたって 色々とやらねばならないわけで。

どうもこんばんは。motomanです。

今日は 先のハーベストでの窯出しで穫れたものでも。

シュッとした感じの花入です。

緋色に抜ける感じが欲しかったので 正面に貝を当てて窯詰めして頂きました。 狙いはバッチリで エッジの立ったところが際立ったと思います。たぶん。

口元のコゲも上品でした。

欲を言えば もそっと正面にビードロが流れこんでくれればベストでした。

背面はこんな感じです。

茶盌です。

特に何も考えずにキレイに挽いた、それなりに上品な形です。 高台の削りは若干動きがあるよう、若干ブレさせて削りました。 若干。

別の茶盌です。 口元ガタガタやないか。と徳井さんに突っ込まれそうですが あえてそのように挽きました。 下手くそなわけでもなく、失敗したわけでもなく たまたま口元に石が多くて破れちゃったわけでもありません。 こうなるように挽きました。

こうなるように作ったのでこうなりましたが これが良いのかどうかはまた別のお話です。

棚板から落ちたビードロの雫が 2つ 。 このような模様となりました。

重箱ではありません。 手に収まるサイズです。

何やこれ。香合か。と 色々な方々に何度も言われました。 まあ 香合でも構いませんが 私は一応、珍味入れとして作ったので 珍味を入れて下されば嬉しく思います。

薪が直でヒットしないように気を付けながら 真ん前に若干、燠が溜まるように投げ込みをし続けた結果 とても上品に窯変させる事に成功しました。

これは前回の普限窯の火床にどじょうとして入れた、珍味入れです。 先程のものと土は同じです。

置く所が違えばこれほど違いがあるのが面白いですね。 これは長い間、燠に埋もれていたものなので 全体的にガッツリとコゲてます。

香合でもまあ良いんですが 2重 になってる香合ってのもアレですし 一応…珍味入れとして作ったので 珍味を入れたらええんちゃうかな。と思います。

サルの脳みそとか。

ついでに 前回の普限窯での茶盌でも。

火床で伏せ焼きしたもので これまたガッツリとコゲさせました。 窯変させまくりの一品です。

支柱に道具土を巻き付け、見込みに触れる箇所に貝が当たるように設置 燠で押されても問題が無いよう、当ててみては微調整。を繰り返し 結構 攻めた場所に置いたものです。

貝を当てていた事もあり 土色が単調になり過ぎず。で 良い感じでした。

溜まったビードロが垂れそうになってます。 よく見ると様々な色味が見られ、なかなか楽しいです。

磁土モノも 1点 、ハーベストに入れて頂きました。 大方 予想通りでした。

表面が縮れたところが剥離し 緋色も磁土独特の柔らかな肌色を呈し これまた、磁土独特の薄い灰色の箇所も見られます。

掛花入なので 手入れして早速金具を取り付け、試しに壁に掛けてみました。

何で白いものを白い壁に掛けたし。と言われると 作業場の壁が白かったから。としか言えませんが 何と言うか ちょっとマヌケ感のある花入ですね。

とまあ そんな感じでした。 ありがとうございます。

非常食として置いてあるチキンラーメンがネズミに食われました。 ひとつの欠片も残さず、それはそれはキレイに頂かれてしまいました。

代わりに 足跡とうんこが残されていました。

これが良い色を呈するんですよ。って

寝ます

1回の閲覧0件のコメント

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0