• SAC Bros. Company

フタものの成形工程


マニーを節約する為、いつも 魔法瓶に紅茶を入れて持ち歩いているのですが、 先日そのポット自体を喜楽歩に置き忘れてしまい おとつい SAV へ行った時に飲む物が無かったので こんな時の為に。と、ストックしてあるティーパックを使い、薬缶で紅茶を作りました。

湯が沸いたので、ティーパックを入れようと…袋を開けてみると SAV の湿気にやられたようで、うっすらと青カビが付着していました。 100℃の煮沸殺菌力…ナメんなよ。と、そのまま入れてやりました。

なんだか今日、体調が優れません。

どうもこんばんは。motomanです。

昨日はりきり過ぎ、今日削れる物は フタもの2セットとフタものの躯体1個だけだったので 久々に…のんびり作業する事にしました。

と、同時に 「このフタどうやって作ってるんですか」と、しばしば聞かれるので 以前1度書いた事がありますが…改良点も加え、再び書いてみようと思います。

陶芸をしておられる方は 「うん。想像通りだ」 と、思われるでしょうし 陶芸をした事が無い方は 「へえ」 と、思われる事でしょう。

誰が為に鐘は鳴るのか。 📷おとついの夜中に注文したアルミ鉋が届きました。早い… これでモリモリ削れます。

因みにこのアルミ鉋。 ネットで調べまくったんですが、高いところでは1800円近くするし 1500円台や1200円台のところもありますし…

私が探しまくった末に出した結論は 陶芸ショップ.コムで買え。という事です。 確か850円くらいです。 もちろん送料が乗りますが、私は大量に消費するので…毎回、陶芸ショップ.コム で購入しています。

もっと安いところがあれば教えて下さい… やはり自作すべきだろうか…

しかし、前まで袋に グット電機のマークが入っていたのに、それが消えてしまっています。 仕入れ元が変わったのでしょうか。 モノ自体は変わってないんですけれどね。

因みに、グット電機に電話して聞いてみたところ 卸し先から買って下さい。直売りはしておりません。 バラ売りもしておりません。必ずセット販売となっております。 と言われました。

丸型が大量に欲しいのですが…残念です。 📷躯体を裏返しにろくろに据え、中心を取ります。 そして、土で動かないよう、固定します。 📷バランスを見ながら…高台の大きさを決め、上から下まで荒削りします。

この時、大きな溝は削り出しておきます。 全体のラインはこの時点でほぼ決まる。という事です。 📷その後、新品のアルミ鉋を使い さらに1段、彫り込みます。

新品のアルミ鉋の切れ味は…素晴らしいですねえ。 すぐ刃がチビてダメになるんですが。 📷別の形状のアルミ鉋でさらに1段 彫り込み、躯体の下半分は終了です。

おもむろにひっくり返し、上半分に取り掛かります。

同じように土で動かないように留め、荒削りをします。 📷私の場合、流れとしては 超鋼鉋で荒削り、おおまかなラインを決め その後、小さなアルミ鉋で彫りを入れる。 といった感じです。 📷くぼませてある形なので、 内側に螺旋状の彫りを入れました。 吸い込まれるような雰囲気が出るかどうか…といった狙いがありますが どうなるかは知りません。

螺旋状に彫ってあるので 同心円がいくつもあるのではなく、これらは一本の線です。 普段ろくろを使って成形している方であれば 少し練習すればすぐ出来るようになるでしょう。

上から下まで一息で入れてしまいましょう。 📷細かい削りカスが表面に付着しますが、 広い面積は、ヒゲ剃りの泡をつけるコレで払います。 が、少し毛が硬く…いささか大きいので アルミ鉋で小さな彫りを入れたところは、この 何でしょう。

化粧をする時に使う、筆みたいなやつです。 毛の硬さが丁度良く、また 毛束が細いので細かいところにも入りますし、何よりペン型なのが非常に扱い易いです。

どちらとも100均で購入しました。

まあ…普通に、刷毛や絵筆なんかでも良いんですが ヒゲのやつは自立するし、化粧の筆は長さがほんと扱い易く ほど良い大きさなので道具箱に収め易いので…オススメです。 📷で、躯体の削り終了です。

こうして書いてみると、あっと言う間に出来上がった感がありますねえ。 📷続いてフタ。 私の場合、天地はこのままで水挽きします。 バイ挽きする時と同じですね。

土殺しをし、そのてっぺんで皿を作って終了。です。 フタの原形の成形は…2分くらいです…

当然、てっぺんの皿の部分が薄く 首になる部分は激ブ厚いので、乾燥状態に大きな差が出ます。 それを緩和する為、皿部にだけビニルを掛け 原形はケイカル板や石膏板の上に置き、なるべく首になる部分を早く乾燥させる必要があります。 📷フタ削り開始です。

まずは伏せてろくろに据え、中心を取り、土で固定します。 私の場合、かなり高速でろくろを回転させるので スッ飛んでしまわないよう…太めの土を縒り、しっかりと留めておきます。

今までにスッ飛んだ回数、 フタ2回 躯体2回です。 📷まず、てっぺんをこんな感じに削ります。 大きな面積を水平に削るのは難しいので、縁だけ少し残しておき 縁だけきっちり水平にします。

これが実は、大事なコツの1つです。

ああ。こうすれば良いじゃあないか。と気付くまでは 水平に削ったつもりで土を外し、ひっくり返して中心を取ろうとした時に きちんと水平に削れていなくて、またやり直し…というイラッとくる事が多かったのですが コレを思いついて一気に解決しました。

考えてみれば当たり前の事でも、気付くまでに…色々あるもんです。 また、鉋を縦にして置いてみると… 縁がきちんと一番高いところになっているか 縁の面がきちんと水平であるか が、確認できます。

縦に置く。というのもまた1つ、ポイントです。 ステンや多少厚みのある木材、鉄などなら問題無いですが プラのものさしを横に置いて確認しようとすると、多少のたわみが出る場合があります。 む。これでは正確ではないな。と思い バカな私はステンの小さなものさしを購入したのですが… よくよく考えてみると、縦に置けば…たわみません… 見易いですしね。 📷縁の外側は、このように少し角度をつけておくと良いです。 理由は… 📷下処理が終われば、ひっくり返して固定します。 この時、しっかりと固定できるようにつけておいたのが さきほどの段差です。

小さな事ですが、効果は大きいですよ。 回数を繰り返して私が気付いた、大事なポイントの1つです。

しっかりと固定できる事により、ろくろの回転速度を上げられるので 作業効率が良くなる。という効果もあります。

また、この時 実際に躯体に載せ、サイズがどうであるかを見られるチャンスなので きちんと合っているかどうか、確認してみましょう。 📷フタの内側を奇麗に削ります。

この時、躯体のキィ ( フタを受ける部分 ) をパスで測り フタの直径を削り、微調整します。

躯体とフタの乾燥状態を見る事もお忘れなく。 躯体とフタのどちらがどうであるから、フタの大きさはこうでなければならない。という見方をすればOKでしょう。

この作業で、上辺と底辺が正確に水平になった。と、言えます。 この時に首になる部の荒削りもやってしまいましょう。 そうする事で、次の工程の時に より中心が分かり易くなります。 📷超鋼鉋で荒削りし かきべら大とかきべら中、そしてかきべら小とアルミ鉋を使い 任意の形に削り進めます。

注意点は…3段階ほどに分けて削り進める。くらいでしょうか。 上から下までをだいたい3分割して考え 一番上から仕上げていく形です。

理由はひとつ。 最初から下まで同じ太さになるように荒削りしてから、上から仕上げようとすると 削る時の抵抗で、首が曲がってしまう可能性が高いから。です。 当然、土台が太く しっかりしていると、歪まないので 3段階に分けた内、上を細くしながら成形し 中は上より太く残しておき 下はさらに太く残しておきます。 📷なんて無駄の多い形状なんだ…元から首になる部分を細く挽いておけば良いじゃない。 と、思われた方もいらっしゃるかと思いますが そういった理由で、あえて太く残しているわけです。

と、同時に その太さが形状の最大幅になりますから 言ってしまえば…太ければ太いほど 成形できる形状の自由度が高まります。

久々に擬宝珠を彫りました。 愛らしい…

最後に、留めてあった土を外し 土が邪魔で削れなかったところを、アルミ鉋で慎重に削ります。 鉋が ”勝つ” ほどの力を加えてしまうと、中心がズレたり スッ飛んで行ったりしてしまうので…息を細めて…慎重に、です。

抵抗があまりかからないような鉋のあて方で…どうぞ。

ろくろの天板との接地面を少し濡らし、天板に固定する方法も考えられますが この首は、水平・垂直が命なので…私の場合、このデリケートな部分をこの後 さらに奇麗に処理しなければならない、そういった工程は避けています。 📷ようやく完成です。 📷なかなか良い感じですね。 📷そして2セット目。

荒削りをする際、私は 小さなかきべらで上から下までを螺旋状に少し彫ってから、超鋼鉋で表面を削ぎます。

人によって様々なんでしょうが、私は…この一手を挟んだ方が奇麗に削ぎ易いと思っています。 小さな起伏があっても、超鋼鉋よりもかきべらの方が削ぎ易い気がするのです。 📷2セット目完成です。

てっぺんのアレ…一体何なんでしょう… 📷てっぺんが重過ぎると焼成の際にアレなので 外のラインに沿って、内側を彫っておきます。 📷そして 先日、ちょっとしたミスがアレで…もうちょっと乾燥してから削ろう。と 置いておいた躯体も削りました。

胴の中央部に、手持ちのアルミ鉋で最も小さいもので螺旋彫りを入れた上から 台形のアルミ鉋で一本だけ彫りを入れました。 ちょっと思い付きでやってみたんですが…ほんと、彫れば彫るほど 色々な形が可能なんだなァ。と、これからが楽しみです。 📷私が良く使う鉋。 お疲れさんです。

今日おろした新品のアルミ鉋の一本が 2セット半削っただけでチビました;; アルミ鉋を消耗品のように使う人って…なかなか居ないでしょうね。 📷腹の調子がどうもアレだったんですが、素焼きが終わったので 水洗いし、キズやキレが無いかチェックしつつ 埃とバリを落としました。 キレイさっぱりしましたね。

先日釉薬を掛けた、ゴージャス ( になる予定 ) な大鉢を本焼き中で 今日出せるかな?と楽しみにしてましたが、まだ230℃近くあったので無理でした。

明日は SAV へ行って作業しようと思っていますが、その前にちょっと喜楽歩へ寄って 窯出しできるかどうかみてみようかな?なんて思ってマス。

と、言いますか いつも持ち運んでいるお道具箱、置き忘れてきてしまったので 寄らざるを得ません----------------------------------

っていう

4回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0