• SAC Bros. Company

マトリョーシカ


トイレへ行き ジャケットを捲くり上げ ジーパンのボタンを外し パーカーを捲くり上げ 寝巻きをずり下ろし 腹巻を捲くり上げ パッチをずり下ろし インナーを捲くり上げ パンツをずり下ろし デュルン。とおてぃんてぃんを担ぎ上げ 放尿します。

冬将軍? はは。 かかってこんかい!

どうもこんばんは。マトリョーシカです。

今日はバイトでした。 朝から白化粧を作り、ちょっと早弁をして 13時過ぎに、八田さんと喜楽歩を後にし 岸和田の山の中へ。

小山さんが穴窯を作っている現場へ行き、ちょこっとお手伝いをしてから 電動薪割り機と 2x4 の薪束を持って帰ってきました。

寒い中…山の中に男共が7人も集まって…竹を切ったり薪を運んだり… 全くあきれたオタク達ですねえ。 おもしろくて仕方がありません。 📷バイトが終わってそそくさと SAV へ。

昨日 水挽きしたものを確認すると… なかなか良い乾きっぷりでした。 が、やはり…最後に挽いた物はまだ削るには柔らか過ぎたので…

そんな時にはコレ。 私の作業部屋の照明は、いわゆるファンが付いていて ( 体感できるほどの効果があるのかは謎ですが ) 夏は涼しく・冬は暖かくなっています??

まあ天井に扇風機が付いているようなもんですから、夏は効果アリ。と言えますねえ。 冬は…謎です。 ファンを回そうが回すまいが…寒いので。

しかしこのファン、私にとってものすごく便利な物で 乾きっぷりがアレだった場合、乾燥機の代わりになります。 天井の中央に取り付けたファンが、床に向けて…部屋全体に風を送る形になるので 偏った乾かせ方にならないのがキモで その効果は結構なもんです。

石膏と併用すると、夏なら朝に水挽きした物が夜には削れマス。

ストーブの横に置くと、当然 乾き方にムラができますし わざわざ窯へ入れてスイッチを入れるのも…手間ですし、電気代が気になります…

乾き具合がアレだったものを床に並べ、ファンの速度を強にし 乾いている物から削り始めました。 📷こいつが本日の MVP です。

口縁に少しだけ動きをつけたもので、色味は…濃い青黒?緑黒?にしようと思います。 学生以来の上絵を施そうと思っているので、本焼きを終えても完成ではありませんが。 頭の中にあるような雰囲気が出れば、素敵な物になるはずです。

上絵を作風としている、五福さんという方と…たまたま再会し 上絵についてのアレやコレなんかを教えてもらってから着手するつもりなので 今年中に完成はしません。 📷こいつは別の意味での MVP です。

さきほどの碗の重さを量ってみると… 190g でした。 それでも相当軽いのですが、こいつは 150g という… その肉厚、実に 1mm です。

”薄胎”なんて言葉があります。 景徳鎮の特殊工芸品で、生地の厚みが 0.5 ~ 1.5mm ほどの物で 実に精巧に作られているのが特長です。

んー とりあえず…何となく 1mm に仕上げてみましたが…精巧さはどうでしょうねえ。 きっと焼いたら歪むと思いマス。

今日の発見は 薄く水挽きしたものを適度な乾燥状態で削る際、 削る音の違いで厚みが判断できる。という事でした。

高台を削る際、厚みを確認する為に 指でトントン。と叩くのは普通ですが 胴の辺りを削る際は、形状の違いにより…場所によって音が随分変わります。 が、当然 1mm ほどまでに薄く削っていくと 乾燥がかなり進んだ物を削る時に出る音のような シャーシャーという、磁土を削っているような音に変わる瞬間があります。 そこが限界です…

透明釉を掛けて焼くと…この薄さなので 光が透けると思います。 試しにやってみよう… 📷と、結局 35個ほど削るのに 3時間ほどかかってしまいました。

明日は喜楽歩での…初ろくろでもやってみようかと思っています。 土物を水挽きするのは…実に久しぶりです。 前に挽いたのは…1年ほど前かもしれません。

やりたい事は決まっているので、なんだかんだと作ってみようと思います。

うん。 今日の削りは質の高い仕事が出来たと思います。 1つも失敗する事なく ( 当たり前ですかね… ) 全ての碗の重さを 190g 以下で仕上げられました。 厚みもほぼ均一で、 1.5 mm 以下に削り終えられました。

当然ながら、薄いから良い。というわけではないのですが 私の中の…ある1つの新しいテーマを追う為には必要な技術です。

っていう

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0