• SAC Bros. Company

三が日からの


年末・年始と 日本全国どこもかしこも寒いようで。 そんな中、わざわざ山の中に集まる人達も居たりで。

どうもこんばんは。motomanです。

朝7時に起床。 ゆっくりと朝食を食べ、8時頃。 私有地なので詳細な場所は書きませんが… 岸和田の、とある山へと車を走らせました。 📷三が日から登り窯を焚く…ヲタクの集まりです… 岸和田の陶芸家、小山 普さんが主宰の窯で 色々なところで作陶している人達の作った物が入っています。 私の物は入っていませんが、お手伝いで呼ばれたので 窯当番をする事になったわけです。

3日の8時に開始し、私が到着した今日の9時過ぎには 温度計はもうすでに…1140℃を指していました。 え?早くないですか。

しかも話を聞くところによると、 オルトン8番が倒れていたらしいので…炉内は1260℃ほどになっているようでした。 📷喜楽歩での穴窯を焚いた時は、あまりに温度が上がらない事に苦しみましたが ( 結果的にはオルトンが倒れていたので、温度計の挿す位置がまずかった。という事になりました ) この窯もどうやら同じ事になってしまったようで オルトンが倒れているにも関わらず、温度計の指す温度との差が120℃もあり この120℃の差を1つの基準とし、温度調節をする事になりました。 📷小山さん自身、この窯を焚くのは2回目だそうで 温度の上げ易さに驚いているようでした。 この温度帯でも、1クールで酸化状態でひっぱれば…簡単に10℃ほど昇温するほどです。

逆に、早く昇温し過ぎてしまい… 還元状態をかぶせ気味に維持する事で、現在の温度をキープしたまま 熾 ( おき : 薪が燃えた後の灰 ) を溜める方向でいこう。という事になりました。 📷山の中でのみ可能な技… 還元かけまくりの黒煙モクモクです。 住宅街の中はもちろん、住宅街が近くにあるだけでも苦情の嵐ですが ここは絵に書いたような山中で標高もそれなりに高く、近くには高速道路が走っているような所なので ガンガン還元をかけれます。 📷還元も還元 強還元で昇温を防ぎながら薪をくべまくるという…何とも贅沢な焚き方で 数時間 温度を維持しました。

小山さんの狙いは、還元状態をキープし続け ビードロに青味を持たせる事。 シャバシャバに流れるのは嫌なので、出来るだけ熾を溜めて 作品に灰をガンガンぶつける事。 この2点を目標としていましたが 熾がなかなか貯まらず… 木蓋に変えてダンパーを調節したりと 色々と試した結果、私が帰宅した21時頃には 少しずつ熾が溜まっていました。 📷まあ…言うても100時間焚き続ける内の、ほんのまだ40時間ほどです。 焦る事はありません。

昇温が早過ぎ、燃料である薪を…食われる食われるで 金銭的に厳しい状態になりましたが、これだけ長い間 強還元状態をキープした窯から出てくる物が 一体どんな景色になっているのか。 楽しみです。 📷カメラのシャッタスピードをかなり早くし、パシャリと炉内を1枚。 表面がテッカテカに光り、ビードロが流れているのがハッキリと視認出来ます。

というわけで、12時間に及んだ窯当番が終わりました。 世の中…この作業を1人でやる人も居るんだから、すげえなあ。と思います。 3日焚き続けて3日冷ますのが一般的なので… 24時間戦えますか。どころの話ではありません。 72時間、起きていられますか。 1人でやると、片時も目を離せませんから…まともに休憩する事すら出来ません。 眠り病を患っている私には到底無理です。

いつ寝ているんですか。と聞くと 薪が爆ぜる音を聞きながら、火を見 還元状態を維持できる 5~15分 の間、何となく眠り また薪をくべては 5~15分 の間、何となく眠る。と答えられました。 人間業じゃあないですね。 想像するだけで拷問です。

小山さんがおっしゃっていた、死ぬまでにやりたい事。 7日間焚き続けてみたい。 手伝いますから…1人ではなさらぬよう…

自分の作品が入っていないにも関わらず、九谷から2人 信楽から1人の作家さんが応援に駆けつけていました。 ご苦労様です。

同年代で、他の産地で仕事をしている作家さんの話が聞けて楽しかったです。 また、見学に来ていた これまた同年代の佛師さんの話が非常に興味深かったです。

木を素材として仏を彫る仕事。 格好良過ぎますねえ… 今度 作業場へ遊びに行かせてもらう約束をしたので また1つ、楽しみが増えました。

っていう

0回の閲覧

ヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え活動しているユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
0