陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

余白という白


どうやら彼は死んでしまったらしい。

私に関し、そういう噂がよく流れます。 随分と長い間、人の世を離れていましたが 一応 生きています。

頭の中で考える事が無垢という意味で純粋なものだと思えますが それをこの世に実在するものとして あるいは 他人とほぼ近しいレベルで共有出来得るものにするに当たり その純粋さは、酸素に毒されながら時の流れに身を委ねる生き物達のよう 少なからず劣化する気がします。 そんな事を考えていました。

結局のところ 川の上流と下流の景色の違いのようなものだろうか。と思い至りました。 そこからさらに枝葉が伸びましたが 色々な人達に 考え過ぎるのが悪い癖だ。と指摘されている事を思い出したので 今日は 何も考えず 焼いたものをひたすら磨く作業をする事にしました。

どうもこんばんは。motomanです。

7月 の頭に喜楽窯に入れて頂いたものを手入れしました。

以前 成形を終えた段階のものを紹介した気がしますが その時の花入です。

今まで色々な窯で磁器ものを焼いてきましたが 自分なりに追いたいと思える道筋が見えた気がします。

それに付随し 土という素材をどう扱うか それに必要な道具は一体どういった形状のものであるべきか ( 窯の事です ) 少し前進したように思います。

金沢の半田くんに分けてもらったこの磁土が痛く好みにハマったので この土をベースにあれこれやっていこうと思います。

もう少しだけ このラインを自然釉の流れが乗り越え、正面に垂れてくれればベストだったのですが 見事にパキッと色味が分かれました。

焼成日数や燠の扱い方 目土の使い方、貝の当て方 薪の種類など、欲しいものを狙う為には多くの要素が絡みますが 地道にデータ集めに励もうと思います。

幸運にも、薪窯を扱っている先輩方が多く この 約3年間 、平均すると 月1ペース で窯焚きに参加する事が出来ました。

お陰様で 自分の好みがどういったものであるのかが、かなり絞れました。 嗜好の経年変化というものも 非常に面白いものです。

私は窯変が好みで 燠に埋もれた部分が魅せる、海底から引き上げてきたかのような色合いに惹かれています。

小さな花入。 このままでは手を切ってしまいそうなほどゴツゴツで 色味も茶色一辺倒でアレですが

砥石でシコシコ磨き、溶けきらなかった燠をこそげ落とすと その下には豊かな色彩が見られます。

燠が当たらない、抜けた部分を確保する為 壁のすぐそばに設置しておくと このように素地がそのまま残ります。

全てを燠に埋もれさせた磁土は、全体が黒く焦げ ある窯場での焼成方法では、その上にさらに自然釉を被せる事で 他に類を見ない焼きをしているところもありますが 私の場合 どうもこの手のものの方が好みのようです。

片身替りのようになっているわけなので 私の中の…狙っていた景色というのは このアングルです。 ちょうど今頃の季節に合うかもしれません。

焦げの部分を正面にすると、晩秋にも合いそうです。

宇宙的な色味を磁土を使って表現したい。と思ったのがきっかけではありましたが 色々な窯場にお邪魔し、色々なものを見てきた結果 海底から引っ張りだしてきたような、このような色味を追いかけたい。と思うようになった次第です。

私は染付の器が好きですが 絵の才能を持ちあわせていない為、見て楽しむだけになっていました。

が 染付の最も魅力的な箇所を自分の中で咀嚼してみた結果 余白の美と言いますか 磁土のもつ白さを活かしたいのでは。と考えるようになり それからアレを経て コレを経て 沢山の失敗を経て…

自分の好みというものを探り当てる事が出来ました。

しかしまあ 手入れ前はゴツゴツし過ぎていて 畳付なんかは特に念入りに磨き倒さねばなりません。 やり過ぎぬよう、適度に。

抹茶碗もひとつ、入れてみました。

籾殻を入れ、見込みを保護しておこうか。と思ってましたが 位置的に…大丈夫だろう。たぶん。 と投げっぱなしにしました。

結果的には燠のゴツゴツもさほど入らずでオッケィが出ました。

高台はこんな感じです。

焼成中、燠の海をゴロゴロと転げ倒していたこの品は こんがりと焼き上がりました。

強烈な火に曝された為か、私の成形がイモだったのか 一部に大きな亀裂が入り、表面の皮一枚でギリギリ形を保っている状態でした。 これまで磁土を薪窯に入れてきた経験から言うと 表面が剥離するという現象が多く見られてきましたが ここまでバックリと割れるのは… ろくろが下手なのでしょう。 残念賞です。

無理くり金継ぎしようと思います。

私の水指の成功率はとても低く 今まで色々な土を使って水指に挑戦してきましたが これも同様 開かずの水指となってしまいました。 成長が見られません。 ありがとうございます。

明日からまた 所用で伊賀へ行ってきます。 大阪に居る事が少ない昨今ですけれど 一応 生きているので。

そこんとこヨロシク

0回の閲覧
0カート