陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

制作ラッシュ月間


なんだかんだと もう 8月 です。

私にとっては 地獄のような 1ヶ月 になる。と予感しています。

どうもこんばんは。motomanです。

今日は 9月中旬 に予定している 地元 ・ 狭山での販売会に向けての打ち合わせ & DM 用の写真撮影をしてきました。

今年で 2度目 の試みで 昨年は、それぞれが想い想いに作った物を展示 ・ 販売しました。 今年はテーマを設け、さらに質の高い販売会となるよう 色々と準備を進めています。

今日の打ち合わせで大まかな枠組みは決まったので。 そう。 後はそれに向け、制作制作制作です。

8月 の予定は、今週末に 1件 ( 一週間の始まりは日曜日らしいですので ) 喜楽歩の臨時の仕事が 1件 。と、それ以外の予定はほとんどありません。

が、 9月 に入ると 販売会 1件 出展 1 件 公募展 1 件 。

10月 には 販売 1 件 出展 3 件 公募展 2 件 が待ち受けています。

もうすでに…頭が真っ白な気がしないでもないです。 考えるだけでゾワッときますね。 いやでも 前線で頑張っている人々は、年に 15回 近い個展やグループ展をこなしているし その他の予定も含めれば、私の予定なんて屁みたいなモンでしょう。

とりあえず…私がやるべき事は 何をどういったペースで制作していくか。をまとめる事です。

時系列で考えると…まずは酒器。 そして花器、香炉といった流れです。 大きな立体も制作しなければなりませんので ああ… 頭が真っ白です。

" 深く考える事をやめよう。と、彼にしては深く考えた " 名言ですネ。

と、まあそんな感じで 先の事を考えると無性に焦ってしまい 貧乏揺すりが止まりません。

器が火に焼かれて窯変するのと同様 人もまた 地獄の業火に焼かれて…実用レヴェルの何かを身に付けるのでしょう。 と言えば なかなか格好良いでしょう ?

ただ、惜しむらくは 私は頑張れる人間ではないので それなりに頑張ろうと思っていマス

0回の閲覧
0カート