• SAC Bros. Company

土鍋削りの日


おばあちゃんが買ってくれた腹巻を着けているんですが。 腹巻って… 被るように着けるべきなのか 穿くように着けるべきなのか… 由々しき問題です。

どうもこんばんは。motomanです。

今日は少し寝坊してしまい…昼から SAV で土鍋を削りました。 夕方には喜楽歩へ行き、土鍋を削ろうと思っていましたが 今日は営業しているので、生徒さんの帰る17時はまわってからじゃあないとな。 あまり早く終わり過ぎても手持ち無沙汰になっちまうなあ。と思い のんびりしながら削り出しました。

土鍋の3つくらいすぐ削り終えてしまうぜ。なんて思っていましたが… いつものごとく、特にデザインを決めてから削るわけではなかったので 気付けば18時をまわっていました^^;

喜楽歩へ到着。 講師のN澤さんが作業してました。

その横で土鍋を削り始め…FM ラジオ番組の 「また来週」を何度も聞き…気付けば日付が変わってました^^;

コッチも土鍋2つとシチュー鍋1つだけだったんですが 削っているうちに ああしたいな。こうしたいな。が出てきて まあいつものパターンってやつです。

そしていつものように…PC にメモリィカードを挿したまま出て来てしまったので 写真はアリマセン。 後日また UP しますが、なかなか良い仕事が出来ました。

シチュー鍋を削っていて そういえば土鍋のフタには穴があるが、陶製のシチュー鍋って…見た事が無いな。と思い 鳥さんに電話しました。 が、 私の思っていた通りの答えしか返ってこなかったので、まるで意味はありませんでした。 つまらない男です。

が、 その電話きっかけで…あるアイディアが浮かびました。 今度形にしてみようと思っていますが、これは良いですよ。 たぶん。 📷ひょんな事から驚くような事が出てくる事も…あるようです

ちょうど全てのブツを削り終えたので 明日は身体を休める事にしました。 そこで、陶芸家 富本 憲吉の世界を見に行こうと思ってます。

陶芸界で最初の人間国宝ですね。 ”色絵磁器”保持者です。 色絵と金銀を同時に焼き付ける技法を編み出し、代表作は何と言っても ”羊歯文様”を描いたシリーズではないでしょうか。

個人的には白磁も好きですが、 初めて”瓢箪大壺”を見た時は… なんと見事な…と閉口しました。

そんな富本 憲吉に師事したのが 私の学生時代の教授・柳原 睦夫です。 その柳原 睦夫の最後の教え子の1人が私です。 どうでしょう。 私という者が…何割か増しに大きく見えたでしょうか!

っていう…

4回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0