陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

工房 火々


インフルエンザ対策は。 ぶくぶくうがいの後にガラガラうがいですよ。 最初っからガラガラうがいをすると、口内のバイキンが喉の奥まで届いてしまい… 逆効果だそうです。

ほんまかどうか知りませんが。 納得はできますね。

どうもこんばんは。motomanです。

どうも最近アレでして。 密度の濃い日々が続き…穴という穴からキレイなもん出して倒れてしまいそうです。 さらり。といきたいところですが…いかんせん濃いもので…

今日はてんすけさんと、以前手づくり市でお会いした奈良の作家さんの工房をお訪ねしました。 工房 火々さんです。 粉引きと薪窯での焼成にこだわり、主に雑器を作ってはります。

作品は見ても、 それをつくっている作業場を見る機会は意外とないもんです。 手桶の置き場ひとつとっても人それぞれなんでしょうな。 使っている素材の特徴や制作意図などを聞き、勉強させてもらいました。

工房の匂いは土のそれで。 どこか安らぐ空間です。

蹴ろくろもありました。 実物を見るのは初めてです。 いえ、おそらく3度目くらいです。 使った事はありません。一度もありません。
薪窯です。 この窯で25時間焼き続けるそうです。

私は薪窯で焼成した事がないのでアレですが…体力勝負ですねえ。 機会があれば是非体験してみたいところであります。

この黒を引き出す為、1250度まで上げた後… 900度あたりまで下げる。 1250度まで上げる…下げる…を繰り返すそうです。

鈍く光る黒味が気になったので、このカップを買いました。 見た目より軽く、良い感じです。

てんすけさんご購入の カップと湯呑みです。
私は半磁土を主に使ってますので、こういった"やきものらしい"ものはほとんど作りません。 作れませんと言い直しましょうか… 暖か味のある柔らかさのなんたるかがうまく表現できません… まあ今は自分のかたちを求め、半磁土でいろいろ試してみますよ。

工房を後にし、てんすけさんを送って行ってから… 何かムラムラきちまいまして。 作業場へ行ってろくろを挽いてきました。

前々から考えてはいたものの…他になんやかんやとやる事がありまして。 なかなか手を出せなかった事をついにやってみました。 まあ… ひとつだけ、やってみたのを焼いたものがあるのはあるんですが。 背の高いものの方が似合いそうだ。という結論が出たので… 背の高いタンブラーを挽き、ワンポイントとして使ってみました。

効果のほどはいかに!?

どうでしょう…一部分のみを"したたらせて"みました。 明日また試し挽きしてみようと思っていますが… どうでしょう… キレイに仕上げたものにピョロッとしたたらせた方が効果があるかもしれません。 まあこれはこれで焼きます。

とりあえず色味はほのかなアイボリーと言いますか。 どちらかと言えば青ではなく黄色によった白 単色でいこうと思います。 可能性を見出せるものに仕上がれば、シリーズ化したいですね。

そんなこんなで明日も昼から陶芸教室です。 今回は、お客さんの好みの器の制作のお手伝いです。 さてさてどんなものが出来る事でしょう。 私にとっても…何かひとつでも発見がありますよう。

お忙しい中お邪魔したにも関わらず、丁重に出迎えてくだすった火々さん。 お世話になりました。 また手づくり市で会える日が来るのを楽しみにしております

1回の閲覧
0カート