• SAC Bros. Company

新しい鎬の提案


昨日に引き続き、バイトの主な仕事は 穴窯の窯詰めでした。 初めての経験で…何かと新鮮で楽しかったです。 今週末と来週頭にかけ、穴窯の当番になっています。 焼き上がりも楽しみですが、窯番を手伝って下さる作家さん達と お話する機会がこれまた。 楽しみです。

どうもこんばんは。motomanです。

先日削った物でも。

えー 主に湯呑みやタンブラーです。 色味なんかも大体決めて成形に入ったので あとは…穴窯の当番の間を縫って…素焼き・本焼きと進みます。

先日、色々と考えた末に編み出した ( ? ) 新しい鎬 ( しのぎ ) の提案です。

鎬というのは装飾技法の1つで、 上から下へ…縦方向に彫りを入れたものの事です。

一般的には、生地の上から下までスラーっと入れるのですが…私の場合 制作テーマと言えば大袈裟ですが、 点と点を繋いで線を表現したい。というのがあり フタものを筆頭に、彫りや削りを多用するのはそういった理由があります。

いつもは電動ろくろの上で削る為、当然横方向の彫りが基本になります。 縦方向にも削ってみようか。と思い立ち、フリーハンドで削る事にしたのですが… 上から下まで一本で彫ってしまっては普通の鎬。 何とか変化をつけられないものか…と考えた結果がコレです。

線を途中で止め、それらを横に繋いで…横方向の流れが見えるようにしました。 いつもの白でも試してみたいところですが、 最近 白いタンブラーを作ってみた。というのもあり ちょっと試してみたい事があるので こいつあ…まあ、一言で言えば茶色にします。

ツルッとまとめた 4寸鉢です。

色味は…上のタンブラーと同じ茶色でいこうと思ってます。 ただ、その際に1つ…思いついた事があり そうしようとは思っていますが、うまく釉薬を掛けられるかどうかが微妙なところです。

頭に描いてあるように仕上がれば…ツルッとしてとてもかわいらしい物になります。 なるはずです。 たぶん。

明日は自分の素焼き窯焚きをしてから 夕方から深夜まで、喜楽窯へ行って穴窯の当番です。

喜楽窯で講師をしているNさんの個人的な窯の窯出しもあるので 色々と楽しみが多く…贅沢な一日になりそうです

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0