• SAC Bros. Company

新プロダクト


何度か見た事がある方はご存知かと思いますが。 ちょっと頭にひっかかった事について冒頭を埋め 紳士的な挨拶をしてから本文に入るのが常ですが 時々 あ、これ冒頭に使おう。っていうのが ふっと頭に浮かぶ事が多々あります。

白い投稿欄を目の前にし、キーボードに手を置くと 9割方。 忘れてます。

どっちかと言うと 本文より冒頭に命を掛けているんですけれどね。 残念でなりません。 今日も忘れました。

どうもこんばんは。motomanです。

昨日はケータイをフケータイだったので こんな感じに書いてみようと思います。

さしていつもと変わりません。

📷 昨日 削ったものです。 香炉です。

香炉と言えば三脚。という事で 実に格好良い…獅子の頭でもつけてみたいところなのですが それは型を作ってバッチリ決めたいと思うので、今回はこういった形にしました。

前回に小さいもので 1度 だけやった事はあるのですが 要は 高台部分として削り出す箇所を大きく残しておいてアレしたものです。

📷 結構 小さめに高台の径を取ったし 脚から上の部分がかなり薄造りで、手に持ってみると 見た目の印象よりも遥かに軽く仕上げてあるので 焼成で脚が負けてへにゃる事は無いとは思うのですが まあ焼いてみないとワカリマセン。

📷 昨日 荒削りしておいたものを 今日、仕上げ削りしました。

📷 その他のはこんな感じです。

📷 その後、作りたいものがあるも…手が動かず。 色々と絵に描いてみたりもしたのですが、しっくりとくる形が浮かばず この土を使ってやる質のプロダクトではないとは知りながら いや 意外とそうでもないかもしれん ! というゆるい想いと まァ…練習ッスよね。というゆるい想いを足して 2 で割った結果 ゆるい感じでやってみました。

📷 先にチラッと紹介した、ケンさん直伝の挽き方です。

これなんかおとなしいと言いますか 無難な形ですね。

もっとこう このプロダクトは…どこらへんを狙っているかと言いますと 上手く換言出来ないところがアレでして 探り探りなわけです。

📷 一言で 私好みであれば OK そうでなければ NG と 一見わかり易そうで…それが難しいです。

自分の事がわかっている人がこの世にどれだけ居るのでしょう。

📷 それでも幾つも作ってみるとある程度の傾向は得られます。

このプロダクトで言うならば 出来上がった時の器の重み加減 ろくろ目の残しっぷり またそのエッジの効き具合

まァ…色々です。

📷 いや、他にも色々あります。 口縁の歪みっぷり 全体の歪みっぷり どこまで許容できるか やり過ぎ感、つまり 受け手に…嫌らしさという意味で捉えられないか。 書き出してみるとほんと多岐に渡りますね。

毎度毎度 頭を整理する為の。 全力で自分の為のブログで恐縮です ^^

📷 今回 挽いたもので自分なりにふんわりと見えているものに近いと感じたのはこの 2つ なのですが やり過ぎ感に満ち満ちているし なんぞこれ。と言われれば閉口してしまうほど…あまりに烈しすぎるかもしれません。 が 高台の形も含めてようやっと完形するわけですから、意外とそうでもないかもしれません。 という 自分にゆるい感じで許容した次第です。

左のなんて思いっきり崩れてんじゃあねえか。って話ですが そうでもないかもしれませんよ ? 何故なら このあとに一手間加える事で完形するのがこの作り方の面白いところのひとつですから。

さすがにこれはどうにもならんかな。

📷 筒形も初めてやってみました。 これについては 1つ だけしかやってないので何の感想も出ません。

此度の練習でわかった事は どべと水の使い分け どのタイミングで完成形のどこまで仕上げておくとその後がやり良いか 口縁の千切り方 ・ 内に折り込むのか外に折り込むのか 指先の力の緩め方…

このあたりです。

休憩がてら、ふと思い出したように取り組んだつもりでしたが この挽き方は…かなり消耗します。 頭フル回転で 指先から体幹と通って爪先まで、身体全体のセンサがビンビンです。

たぶんこれ見た人 なんぞこれ。以外の言葉が浮かばないと思うんですが この 1ヶ月 みっちりアレして 見せられるところまで昇華させてやりますよ。 きっと。

明日の高台造りも頭フル回転で消耗するんだろうなァ。と思いながら 雨が降らない事を祈り、床に就くとします。

おやすみなさいませ

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0