陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

普限窯 窯詰め


火・水は休廊なので 窯詰めやってます。

どうもこんばんは。motomanです。

" 錫と土 " の会期中ですが、そういったわけで こんな感じです。

今回は年に一度の釉薬ものです。 窯場で釉掛けし、全てを並べて窯詰めのプランを練ります。

暖かくて良かったです。 が 蚊にチクチク刺されて鬱陶しいです。 ちょっと暖かくなったらすぐ出てきおりますね。

今回は還元落としにするので、鉄系のものも用意しました。 私が用意したのは 3種類 。 鉄・鉄・マンガンです。

あ、あと桟切ですね。

一の間はガッツリと桟切するので そのような窯詰めになってます。

火囲いで壁を作り、その中にバンバン詰めてます。 備前で修行したメガネくんが大活躍です。

新しい土を試してみたので、こういった遊びもしてみました。 予定では 52時間 ほどで火止めになると思います。

窯詰めの段階で炭を入れておくとどのような効果があるのか ( 残るのか ) がテーマです。 狙いは部分還元ですが 最悪 真っ白なまま出てくる事になるでしょう。

取り敢えず… 今日はここまで。

明日、胴木と一の間の火床を仕上げます。 なんだかんだと時間の掛かる窯詰めですが 窯焚きの中で最も重要な工程です。

ミスの無いよう やり残しの無いよう 明日もキッチリ詰めてこようと思います。

明日はとても冷えるようなので 皆さんもお気をつけて

1回の閲覧
0カート