• SAC Bros. Company

模糊として曖昧


鳥さんの部屋で、村上 春樹の " 1Q84 " が目に入り 借りて帰る事にしました。

私が村上 春樹を読むようになったのは…随分と昔の話で 初めて手にしたのは " ねじまき鳥クロニクル " でした。

有名な作家だとは露知らず… CD で言うところのジャケ買い。ってやつです。 内容は…すっかり忘れてしまいました。 どんな話だったのか…主人公の名前すら…覚えていません。

同じように 今でも自室の本棚に並んでいる " ノルウェイの森 " も ほとんど覚えていません。 もう 1度 読んでみようと思います。

人生は限りあるものだけれど、同じ本を読もうと…手にしてしまうのは もったいないお化けが出る ? 懐古主義 ?

まァ…良いじゃないですか。 ねえ ?

どうもこんばんは。motomanです。

模糊として曖昧なもの。 人と比べて、どうか。は…わかりませんが。 私の中には沢山ある気がします。

物事を深く考える性質でもないし 特に何かに執着するわけでもなし。

貫き通す確固たる姿勢もなければ 頑強な地盤の上に立つでもなし。

容易く物事を受け入れない猜疑心はあれど 揺らぐ事のない信条があるわけでなし。

それでも、ハッキリと見据えておかなければならない事があります。 いわゆる… " ヴィジョン " というやつです。

私の尊敬する人が高校を出て、自分の夢を実現させる為 着実に必要な技術を身に付け、自分の身を置く場を見定め そして…描いていた夢を叶えました。

彼女がよく言っていた事。 自分の思い描く夢を叶える為に大事な事は、人にその夢を話す事。 そうすれば…繋がる。

私が今の共同作業場で陶芸を続けていられるのも、それを実践したからです。 人に話し、繋がり…機会を得ました。

しかし、私が思うに…大事な事は他にもあり 常に描き続けなければならない。という事。 毎日、どこかモヤモヤしているものが拭えないのは きっと…描けていないから。

それが依然、曖昧模糊だから…どうもふわふわとしていて居心地が悪いように感じます。 このまま…その、悪魔的な浮遊感に身を委ねて…時が経つのをただ待っていれば 肉体は朽ちゆくのでしょう。 そして、生きていたという価値も…その存在すらも キレイさっぱり霧散してしまうのでしょう。

さて、では。 忘れていた大事な事。 夢を描かなくてはならないわけですが、それが曖昧だから救いがありません。

思えば…作業場を借り、陶芸を続けられる設備を整えてから 具体的な " 次のヴィジョン " が無いまま、浮き足立っているような気がします。

問題を解決するには… How もしくは Why を解明するのが効率的です。

何故、描けないのか。を考えてみると 自分というものが…どういったものなのかがわからないから。 芯に何があり、何をアウト ・ プットすべきなのかが精確に把握できていないのです。

では どうやって描こうか。と考えてみると 手近な何かに安直に頼りたくもないし 深く沈んでみても…何も見えはしません。 そして 自分というものがわかっていない証拠だ。と、同じ問題に帰結します。

メソッドの問題でない。と仮定するならば 既に見えているのかもしれない。という…希望的観測が浮かび上がります。 ( この発想自体が安直で…いやはや救いがありません ) そう仮定するにあたり…新たな命題が生まれます。

では、それは一体何であるか

知らんがな ! と一言叫び、いそいそと愛する布団へ飛び込みたくなるわけですが 命題から逃げる事も出来ない性質なもので、困ったモンであります。

漠然と考えている事へ、どう近づいていくのか それを詳細に描けない限り…この命題の解答は得られません。

別のアプローチとして 曖昧な自分を形にして表現すれば、一切の摩擦が無く…素直で良い。と考えられなくもないですが それが出来たら…天才の領域に入れるんじゃあないか。と、思います。

村上 春樹の小説の内容を 私がほとんど覚えていないのは 彼の作風が、そういった類のものであるから。だと思っています。

読んでいる時は その空間を舞う、光を受けてようやく認識できる…埃ですら詳細に想像できるのに 読み終え、本を閉じた時の言葉に出来ない虚無感。 言わば… " 捉えどころのない本質 " みたいな部分が 彼の持ち味なのだろう。と思います。

で、まあ だから私の抱える命題がどうなるわけでもないので 1Q84 を読みながら、愛する布団に包まれようと思いマス

(╯⊙ ⊱ ⊙╰ ) プヒー

0回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート