• SAC Bros. Company

沖縄 2日目3/3 日暮れと共に訪れるもの


なんとなく行ってみたユニクロで、フリースが値下がり中でした。 今若い子の間ではチェック柄が流行っているようです。 よく見かける気がします。 私もチェック柄のフリースを1千円で買ってみましたが、特に若さは感じられませんでした。

どうもこんにちは。motomanです。

さて。 今日は少し時間があるので、旅の続きでも。 📷美ら海水族館を後にし、次へ向かったところは。 やちむんの里です。 📷"やちむん"とはやきものの事で、要は陶工の作業場の集まった里という事です。 大阪にこういう場所はないですねえ… フェスティバルゲートなんて、若い芸術家を集めたビルにすりゃあいいなと思うんですが。 ヤクザマンションみたいになってしまうんでしょうか。 📷沖縄独特の赤い瓦が目をひきます。 登り窯などもあり、共同で使っているとの事でした。 📷残念ながら…水族館に時間を割きすぎて、里に着いたのが17時。 それぞれの窯が仕事を終えるのが17時半と、ゆっくりと見る事はできませんでした。

と、言いますか…それぞれの作業場の入り口に 「立ち入り禁止」と書いてあるんですね。 私も(一応?)陶工ですから、気持ちはわかるんですが… せっかく沖縄へ来たのに!という想いがあるもんで。 自分の都合となると…ヒトとはこういうものですね^^; まあ残念でした。 📷と、あとの予定はもうホテルにチェックインするだけになってしまいました。 ちょっと時間がもったいなかったので、残波岬に夕日を見に行きました。 📷そして今回のホテルへ到着です。 ルネッサンスリゾート オキナワです。 📷海外へ旅行へ行った時なんかもそうなんですが、 旅先で、地元の人が行くような…庶民的なスーパーへ行くのが趣味でして。 今回もご他聞にもれず、ちっさいスーパーへ寄っていろいろと見てきました。 そしてオリオンビールを買い、堂々とホテルへ持ち込みです。

ボーイさんが入り口で待っているホテルなんて初めてでしたが、 なかなか良いもんですねえ。 「そちらの荷物もお持ちしましょうか?」 なんて言われてしまいました。 「いえ、このガサガサ言っているビニール袋には、ビールが入っているので結構です」 という内容を、95%ほど誤魔化しました。 ビニールは常にガサガサと言っていました。 📷ロビーにでっけークリスマスツリーがありました。 13階建て?くらいの大きなホテルで、宿泊費もなかなかの金額するそうです。 ジャッキーなら間違いなく、13階からツリーに飛び移っているでしょう。

ロビーに宿泊客がところ狭しとくつろいでいるホテルも珍しいなあ。という印象でした。 部屋に居るより、ロビーにちょっと座りに行こうか。なんて気持ちがよくわかるような… そういった雰囲気のホテルでした。 📷部屋からの眺望です。 これが俗に言う、プライベートビーチとやらですね。 沖縄の海開きは3月だそうです。 カナヅチな私も、さすがにちょっと泳いでみたくなりました。 📷ホテル内に、土産もの屋とは別にギャラリースペースが設けられてあり、 そこには陶器作品があちらこちらに並べられていました。

やはりここでもシーサーです。 📷そして待ちに待った晩御飯。 今回のツアーの販売店がヘタこいたらしく、17時か21時のどちらかしか選べなくなっていまして。 さすがに17時はアレだったので、21時までお腹を空かせていました。 バイキング形式でしたが、21時半がラストオーダーという。 こりゃあ急がねばならん!と、色々なものをごっそり皿に盛りましたが… 歳のせいでしょう。 結局、1回目に取りに行ったコレだけでお腹いっぱいになってしまいました。

ローストビーフを楽しみにしていたのですが、なぜかパクチーがのってまして。 せっかくのローストがパクチー臭にやられてしまっていたのが残念です;;

というわけで、次回は沖縄旅行最終日です。 非常に個人的嗜好の強いところへ行ってきました。 まあお楽しみに…

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0