• SAC Bros. Company

涙のその先へ

最終更新: 2月29日

歳をとると涙腺が緩みがちです。


先日、YouTubeで

土間の打設動画を探して勉強してたんですが

その関連動画で、自分で家を建てた。というのがあり

ああ 俺も死ぬまでに家建ててみたいな。と思っているので

何となく観てみたんです。



投稿日は昨年でしたが、その内容は もう30年前の話で

作業工程を写真に撮りためたものにテロップのついた、淡々と静止画を観る動画でした。


旦那さまが突然、自分で家を建てたいから。と会社を辞め

とある片田舎の安い土地を買い、3年かけて完成させた。というもの。

時々 出てくる奥さまは、笑顔でもなく嫌がってる風でもない顔で写真におさまっていて

小学生になったばかりかな?と見受けられる、かわゆい娘さんもいらっしゃいました。

旦那さまだけ毎回 満面の笑顔で、やりたい事をやり

人生を謳歌しているように見えるのが、奥さまのそれと対称的で

おもろいなー。と思って観てました。



徐々に形になっていく写真の中の家と

当時の心境を淡々と語るテロップ。

ほんと、これまた満面の笑顔と対称的に淡々としていて

まあ 30年近くも前の話なので

その時と現在の旦那さまとの温度差と言いますか

その間の時間の流れがじんわりと伝わってくるようで、私の心の何かを

ほどよく弾いてくれるものがありました。


家も完成に近付き、奥さまとの共通の趣味なのでしょう

庭や畑も並行して形を成していき

3度目の冬を迎える頃、ついに立派な家が建ちました。



家が建ってから数年後、色とりどりの花が咲き誇る

とても美しい庭の写真を背景に

本当にやり切れるとは思っていなかった。

挑戦して良かったと思う。人生で最も楽しい3年間でした。

という感想と共に、協力してくれた家族や親族への感謝を綴り

最後まで、淡々としたテロップで締めくくられていました。



私、YouTubeを見る時はたいがい

再生速度を2倍速にするので、ほんの20分ほどのものでしたが

一本の映画を堪能したような気分になり、心の奥底をくすぐられたようにじーんとし

涙腺が緩んだのです。



これが

歳食ったせいなのかがよくわからなかったので

他の人はどう感じるのだろう。と疑問になり

コメント欄を読んでみると

どうやら多くの人も感動したようで、歳のせいかどうかはさて置き

私が異常ではない事はわかりました。


挑戦する事の大事さが伝わった。

協力して大きな事を成し遂げた家族。素敵です。

というようなコメントが大多数で、その中に

次は何に挑戦されるんですか?

というコメントがあり、しかも

そのコメントに対し、旦那さまが返信しているマークがついていたので

うお。

激アツ。何て答えはったんやろ。と

すぐさまクリックしてみると



中古物件買いました。

という他の動画があるので、それを観て下さい。



うせやん。

これだけ多くの人の心を動かした家、離れてもうてますやん。

と、少なからずつっこんでしまいました。


その動画の中、またもキレイな庭造りをしているシーンがあり

そこに、すっかり歳を召された奥さまと

すっかり成人した娘さんが一緒に土いじりをしている姿がチラッと写った瞬間

その間の時の流れに在るものが一気に押し寄せてきた気がして

またも涙腺が緩んでしまいました。


どうもこんばんは。

motomanです。


というわけで

連日の不穏な天気で、我慢していた屋外作業ですが

ここ2日ほどはスッキリとしていたので

あの旦那さまが真摯に真面目にコツコツやっていた姿を思い出し

これまでやってきた事を叩き壊し

妥協の心を戒める運びとなりました。



なんでこうなったし。

歳のせいでしょうか否!


挑戦する事に価値があるのです ( ??? )

86回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0