• SAC Bros. Company

滋賀 1日目 彦根


さー今日は… てんすけさんと一緒に釉掛け、本焼き窯詰めをしました。 昨日、鳥さんとこの鳥の写真を撮ろうとカメラを持って行き、事もあろうか持って帰ってくるのを忘れてしまいまして。 明後日窯出しなので、その時にでも写真を撮ろうと思います…

どうもこんばんは。motomanです。

というわけで、代わりに先日の旅の写真でもあげてみましょう… やっつけ仕事というやつです。

家を出て祖父母を迎えに行き、 そこから向かったのは。

彦根城です。 なんでやねん。 アレですね。 滋賀の旅館に行くだけでは時間を持て余すので、 ちょっと足を伸ばして…という話です。

まあ城は好きな部類ですので、身になりました。 ニットを深く被り、 石垣を穴が開くくらい眺めている私は… 傍からどう見えたのでしょう。

天守閣にも登りました。 彦根城と城下町の建設は慶長9年(1604)に始まり、 20年近い歳月を経て完成したそうです。 なんとも気の長い話ですね。

だがしかし、一度も戦をしなかったそうで。 なんともアレな話ですね。 20年もでっけー石や木材なんかを 運ばされた人々のつっこみが聞こえてきそうです。

火攻めを最小限に抑えるため、 軒裏にまで漆喰を塗ったり。 天守閣から攻撃できるよう、 矢を撃つ為の小窓があったり。 鉄砲を撃つ為の小窓があったり。

弓は引き絞る為、立った時にちょうど良い高さにあり、 鉄砲は屈んで撃つ為、これまた屈んだ時に ちょうど良い高さにくるように作られていたり。 石垣の積み方なんかも2種類あったりだとか。

それ自体特に美しいとは感じませんでしたが、 その小窓の位置を外から悟られぬよう、 普段はキッチリ閉じておくみたいですね。

人を殺す為のチラリズムです。 悩殺は歓迎ですが射殺は勘弁願いたいところです。

これは天秤櫓(てんびんやぐら)です。 表門から入り、 結構な斜面を登ったところにあります。

攻める方の事も考えてもらいたいところですよ。 ハァハァ言いながら斜面を駆け上り、 この櫓の下を通ったら。

上から石をゴロゴロと落とされます。 えらい事ですよ。 それをデンプシー・ロールでかいくぐったとて。 ドン突きを左手に折れ、 ようやくこの頭上の橋に行き着くわけです。

もちろん門は閉められているわけで、 そこらへんどう攻めるんでしょうかね。 戦国時代の攻城戦というのは… とんでもない話です。

むしろ自国の大将の寝首をかく方が 幾分容易いのではないかと思ってしまいます。

こんなもんクリアできるのは ジェームス・ボンドかセガールくらいなもんですよ。 マリオでもそこそこはいけるかもしれません。

ってな事に思いを馳せていました。

そして琵琶湖の南をくるりと回り、 無事旅館へ到着しました。

旅館からの眺めです。 琵琶湖が丸見えですね。

水平線を見たのはいつぶりでしょう… どこか…こう、 開放される気がします。 開放された空間を見、心が開放される。 これは錯覚でしょうか。 理でしょうか。

ヒトは水から産まれたというのが 感覚として理解できる気がします。

まあ そういった事を感じる「空間」だという事です。

これがご馳走です。 色々ありました。

何が。ってあんまり覚えていませんが、 色々ありました。

私の記憶に残ったのは 近江牛 それのみです。

別段、肥えた舌を持っているわけではないので… おいしかったです。 美味でした。美味。 という記憶しか残っていません;; 食わせ甲斐のない人間です。

どういう風においしかった。より 近江牛食った事あんねん。という。 記憶より記録派です。はい。

ま・そんな感じで。 気が向けば、翌日の神社巡りの様子もUPしようと思います。

…ひこにゃんに会えませんでした…

1回の閲覧0件のコメント

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0