• SAC Bros. Company

焼けるんだ


嗚呼 さむし。

どうもこんばんは。motomanです。

天見はこんな感じになりました。

はい。 積もってます。
バケツの水は… 凍ってます。
アップ画像です。 壁紙にどうぞ^^
前回成形した物を焼成開始です。 なんとも サイクロン掃除機で集めたホコリの塊みたいな感じでしたねえ。

吸ったらアカンやつです。

燃えにくい紙で出来ているという、付属のコレで囲いを作りました。 セロテープでくっつけましたが、うまい事丸くならず まあ良いか。という事で 尖ったところを尻にあてました。
よくよく考えたら このホコリみたいなやつを詰める際に、丸くすりゃ良かったかな。というアレですが まあ焼きに違いが出るかどうかもさっぱりアレなんで このままいきました。
てっぺんに火を点け、焼成開始です。 お灸みたいにじわじわと燻る感じでした。

放置する事… 2時間 ほどでしょうか。

説明書に書いてあった通り、黒い物体が現れました。
色味にどんな差が出るだろうか。と 足先は焼き上がらないままに取り出しました。
布で磨くと、金属質のテカりが出る。という事が書いてあったので シコシコ磨いてみました。 ら 一応テカりました。 わかり辛いですが、テカってます。

神社なんかに置いてある銅像のように 触れば触るほどテカるんでしょうなあ。

このキットがあと 1つ あるので はて…何を作ろうか

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0