• SAC Bros. Company

穴窯 3 / 3 日目


さて。 待ちに待った、初体験の日です。

どうもこんばんは。motomanです。

温度計を見るに、昼の間にトップが 1270℃ あたりまで昇温し その後、少し停滞を続け… 17時 には1230℃ を少し切った状態でした。

オルトンを見る限りでは、最後尾の 4列目 も全倒。 後方の温度もしっかりついてきているようで、良い感じでした。

K吉さん お手製のミート ・ スパゲティと鶏の唐揚げで腹ごしらえをば。 久々に好物のパスタを食べた気がします。 ワインの酸味の効いた、挽き肉の旨味もしっかり味わえる 実に美味しい一品でした。 ありがとござます。

そして、待ちに待った 23時 。 引き出し開始です。 📷ブライアン ・ マホニーさんが、自身の作品を引き出します。 📷出ました。 温度計は 1230℃ を示しています。

高いカロリーをその身に受けた作品が、引き出す事によって急冷されます。 📷ステンレス製の棒を使い、慎重に引き出します。

ステンレスの融点は…その規格にもよりますが 平均するとだいたい 1400℃ くらいです。

よって、窯内に入れるとすぐに真っ赤に光りますが 融点には達しないので、溶ける事はありません。 📷棚板の上にそっと置き、常温で急冷します。

1230℃ 近い場所から気温 10数℃ のところへ引っ張り出され チンチン。と、貫入の入る 奇麗な高音が辺りに響きます。 📷ものの数分ですぐに冷え、徐々に色味が認識できるようになります。

良い蹲ですねえ。

陶芸用語で 蹲 ( うずくまる ) という言葉があります。 小さな壷の事で、人がうずくまっている様子に似ている事から そう呼ばれるようです。

首のあたりが焼成によって少し落ち込み、それによって 口元あたりまで変形したようですが、その様も悪くないですね。 なんとも…かわいらしい形でありながら、激しい火の跡の残る 良い景色になったんじゃあないでしょうか。 📷その後 引き出しをする事によって下がった温度を、薪をくべてゲインさせます。

1230℃ まで上げ直し… 📷引き出し 2発目 です。

岸和田の陶芸家、小山さんの作品ですが 本人は今、自分の穴窯を作っていて 大層お疲れの様子で…代理でマホニーさんが引き出しました。 📷写真では分かり辛いですが 表面がかなりテカっていました。

灰が良く溶け、釉薬となってキレイに表面を覆っている証拠ですね。 📷慎重に移動させ… 📷棚板の上へパイルダー ・ オン ! です。

この写真なら分かり易いですね。 肩の辺りが良くテカっています。 📷さて… いよいよ初体験デス。

K野さん に、そのやり方を指導してもらっています。 八田さんが写真を撮って下さいました。 📷こういう井出達で挑みます。 ああ、ええ。 そうですね。

月光仮面です。

マホニーさんに 「 ボーソーゾクかアルカイダね 」 と突っ込まれました。 ありがとうございます。 📷髪を束ね、後ろで結び 首と口元にタオルを巻き 焚口に近づける左手に、手先が動かし易いよう 薄い軍手 ( 綿の物です。ナイロン製は溶けてしまう恐れがあるので ) を 2枚 重ね 右手に厚手の軍手を 1枚 その上から、溶接の時などに使う…肘まである、長い牛革の耐火手袋を着け 窯の中がよく見えるよう、サングラスを装着します。

高温になればなるほど、光は白味を帯びますので 窯内が眩しくて見えなくなります。

また、眼鏡を着けている方は…ガラス製の物にしましょう… 最近プラスチックの眼鏡が増えてますが、溶ける恐れがあります。 よほどアレじゃあない限りは大丈夫ですけれどね。

備えあれば何とやら。です。

あ、あと サングラスが曇るので、 口で息した方がイイネ。と、マホニーさんが教えて下さいました。 📷先ずやるべき事は 作品を窯内で そっと倒し、熾をくっつけながら半周…転がします。

火の当たっているところが正面になるので その反対側は白味が強く残り、面白味の無い景色になってしまいます。

よって、正面は灰が溶けて釉薬になって流れたところとし 裏は熾をくっつけ、また違った雰囲気になるようにします。

寝かせたまま、位置をしっかりと確認しておいて 薪をくべます。 そして昇温を待ち、このサイクルが終わると同時に 引き出し開始です。 📷慣れない手つきで…引っ張り出します。 📷落とさぬよう、慎重に… 📷底を棚板に乗せて 📷ゆっくりと立たせます。 📷先日 書いた通り 初日の夜中にはすでに…薪をぶつけられて割れていた。という 悲しい花器が…引き出されました。 📷急冷と共に、その姿が色味を露わにします。 📷目をこらして見てみて下さい… ちょうどこの写真の中央、髪の毛ほどの細い細い線が 水平に…→へ向かって出ています。

釉薬が引っ張られて糸状になったものがくっついています。 ほんと、髪の毛ほどの太さで 長さは 3cm ほどでした。 ガラスの針ですね。 📷続いて、小山さんの 2つ目 の引き出しです。 📷さすがマホニーさん。 手馴れたモンです。 📷ステンレスの棒の先まで真っ赤ですねえ。

と、こんな感じで 無事に…初 ・ 引き出しを終えました。

今回の窯では、全部で 4つ の作品を引き出しました。 📷以下、引き出した順に紹介します。

ブライアン ・ マホニーさんの蹲。

今回 引き出しした中で、私はコレが一番好きでした。 変形しちゃったね。 と、自身は仰っていましたが それが愛らしい形になったなァ。と、私は思っています。

ビードロも奇麗な緑に発色しているし 大胆についたコゲも、袈裟斬りみたいに入っていて 良い景色になっているんじゃあないですかね。 📷小山さんの花器。

さすが、薪窯作品を沢山作っているだけあり その特長を良く捉えていらっしゃいます。

ビードロの溜まる所に、彫りや模様を入れていたり 熾を当ててコゲをつけたい所を計算して窯詰めをします。

こういった形の場合、耳が 2つ ついているので 正面を設定できる面は 2箇所 のどちらか。に限定されます。

コゲがもう少しだけコッチなら良かったのに… ビードロがもうちょっとコッチに流れれば良かったのに…と 耳をつけるなどして、正面の方向を予めキッチリ決めてしまうと そこらへんの余裕が無くなってしまいます。

が、どちらから見てみても コッチが正面だと分かるし、景色も良いと思います。 裏側は裏側で、物足りなさも感じませんでした。 📷そして私の…初 ・ 穴窯作品の花器。

しょーもない男が作ると、しょーもない物が出来てしまうんでしょうか…

素焼きが終わった時点で、 あ、やっちまった。 なんて面白味の無い形なんだ。と、思ってましたが どなたかが薪をぶつけて割ってくれたお陰で…悲しくも 頭半分スッ飛びましたが、そのままの形を保っているよりかは まだ…面白くなったか。と、割ってくれた事に感謝する始末です ^^;

きっと… 1度 だけではなかったんでしょうねえ。 何度となく薪をぶつけられたのか、大胆にヒビってます。

大原の土を使ったのですが、比較的 鉄分の少ない土なので マホニーさんや小山さんの作品のように、色々な色味が出る事がありませんでした。 全体的に白味が目立ち過ぎてます。

また、ビードロが流れて溜まる溝も無かったので すんなりと上から下まで流れてしまい、何とも スッキリし過ぎた一品になりました。

外側と内側の一部に、ものすごく濃くビードロが残った場所があり そこはとても美しかったのですが… まあ 初めての穴窯作品なんで、こんなモンでしょうか。 📷小山さんの花器 その2 。

これは焼き直しで入れた物なので、 2度 穴窯焼成をした事になります。 私は今回、窯詰めに立ち会えなかったので 焼成前がどんな感じだったのかはわかりませんが、八田さん曰く 焼き直さない方が好きだったなあ。との事でした。

火の走る場所 灰のかかり具合 灰の溶け具合 熾の当たり方 還元の雰囲気

色々な要素で色々な景色が生まれるのが魅力の薪窯ですが 焼き直したからと言って、必ずしも良い物になるとは限りません。

私見では この場合、私の物と似通った感じで コゲの入りの単調さ 色味の少なさが スッキリし過ぎていて面白く無いんだと思いました。

小山さんの 1つ目 の花器は ビードロの緑、やや青味 コゲの黒味 微妙に酸化雰囲気だったのか ? 茶色がかった所 土の白さ などなど…色々な色味が混在しているからこそ 面白い。と感じるんだと…薪窯 初心者ながら、そう思いました。

なるほど。 薪窯の当番は今回で 3回目 でしたが 作品を入れたのは初めてです。

だいたいの流れや焚き方なんかは…それなりに解った気がします。 初めての引き出しも楽しかったです。

来月に、貝塚の穴窯と奈良の穴窯の焼成を見に来ないか。とお誘いがあり 奈良の方は、当番してくれるならタダで作品入れてあげるよ。とも言われているので ああ。 また挑戦してみようかな。なんて思ってマス。

しかし 色々とやるべき事はあるので…どうしようかなァ。なんて考えながら 明日からまた、普段通りにろくろに向かおうと思います。

あと 2時間後 6時 に喜楽歩の穴窯焼成は終了です。

引き出しをしない作品もいくつか入っているので、焼き上がりが楽しみです。 GW を挟むので…窯出しは 5 / 9 と ちょっと先の話ですが。

また紹介します

2回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0