• SAC Bros. Company

続 ・ 手入れ


今日は引き続き 手入れした品の紹介でも。

どうもこんばんは。motomanです。

春の雨は好きですが 連日 こうも続いてしまうと…乾かないんです。 止んで下さいお願いします。

取り敢えず 焼締ものから。

狙いがバッチリとハマった茶盌です。

火床に伏せて焼いたもので、ローカルな言葉を使えば 伏せ焼き ってやつです。

口縁を大まかに 3箇所 、尖らしてあるんですが そこに釉が巻き、ぷっくりしてます。 自然釉が溜まったところが窯変し独特の色味を呈しています。

用を考え、見込みは土見せを重視し サラッとした感じにしています。

貝目を付けて景色としています。 柔らかな緋色が出たので良かったです。

ごっつりとしたぐい呑みを作ってみました。

土色が素敵。 焼き方や狙いの大事さがよくわかります。

こういう肌合いのものを何と言うのでしょう。

私の中では勝手に、山茶碗的なもの。とかなんとか言ってますが ゴリゴリ感が良いです。

一目見て キレイとか凄い。とか色々ありますが そういった類のものとは対極にある、こういったものが好みになってきました。

嗜好の変化というものでしょうか。

ゴリッとした伊賀土で作ったものです。 ゴリッとしました。

スカッと真ん中に土色が残るかな。なんて思ってましたが。 もっと正面の彫りを深くしてみるのも良いかもしれません。

焼き直しをしたぐい呑みです。

一度目は見込みに思った以上に燠が溜まり それを融かし切るカロリーを与えられなかったのがアレでした。

幾分マシにはなりましたが 残念ながらキレイに融かし切るに至りませんでした。

豪勢に…まさかのぐい呑みを三度焼き !?

朱泥の焼締です。

場所は桟切の棚で、まあ 初めてやってみたらこういった感じになりました。という話です。

火の走っている様子がよくわかるし、高台周りの南蛮風な感じも好きなので またやってみるかもしれません。 やらないかもしれません。
ここからは釉ものです。

加茂川石粉と白玉を混ぜたものと 白玉のみのものです。

ほとんどが一の間に入れたものですが 色味や雰囲気の違いに驚かされます。

これは白玉のみのもので 禾目が出やすい事がわかりました。

今後に活かせそうです。

これは加茂川石粉と白玉のもの。 降灰と組み合わさるとこのような色味になります。たぶんそうです。未だよくわかってません。

景色付けに。と見込みに貝を当てておくのが流行っています。自分の中だけで。

これも同じものです。加茂川石粉を使うのは、いわゆる黒楽狙いでこのような色味を呈するのがまあ…正しいわけですが炭ではなく薪で焼成している事もあり炭焼成の窯に対して炉内が広すぎる事もあり温度の差と降灰っぷりでこれだけ幅広く発色が変わる。という事です。

小山さんが個展に出していた、青楽の片鱗も見受けられました。桟切の時、インドネシアの炭を使っているので塩分が反応しているのではないか。と思ってますがはっきりとしたところは未だ不明です。

これも同じものですが狭間に入れたものです。

狭間の特徴というか火の流れの速いところの特徴というか釉の表面が縮れる現象が見受けられました。

写真ではアレですが黒楽を使って本当に狙いたいのは…こういった肌合いで再現を目指してあれこれやってますがほとんど獲れません。

これこそ降灰と釉のバランスと融け具合が鍵なのですがストライクゾーンが狭過ぎて手を焼いています。 融け具合は目視。降灰っぷりは窯詰めと投入した燃料の量に依存し、引き出す。というのが再現させるための条件だと予測を立ててますが何年掛かる事でしょう。
楽は低温で融ける釉薬ですが1230 ~ 1280℃ くらいが適している釉薬を掛けたものを薪焼成したのはこれが初めてです。 青磁ですね。 刀で袈裟斬りされたかのようバックリ割れました。
炉内で辻斬りにでも遭ったのでしょうか。 色味は良かったです。キレイに還元でした。 貫入が入りまくり、透明感と厚みが際立ってるように思います。

まだまだ手入れが残ってますが制作をおざなりにするわけにもいきませんで。 こんな茶盌を作ったり

こんな水盤を作ったりしました。

とネズミ対策も忘れてはなりません。水でも溶ける、画期的なミルクティーを買ったんですが またも知能犯に狙われたようで袋がかじられていました。 先日 電気窯で焼いたものをよくよく眺めてみるとネズミ返しの形状になっとる !と気付いたのでこのような使い方をしてみました。 これがうまくいけばネズミに困っているセレブにバカ売れするかもしれません

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心