陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

花入あれこれ


最近どうも寝付きが悪く、それなりにスケジュールが詰まっていて 平均睡眠時間が 3時間 ほどです。

ねむ。

どうもこんばんは。motomanです。

梅雨入りするそうですね。 私にとっては…冬の次に恐ろしい時期がやってきます。

今日から普限窯の窯詰めが始まりました。

一の間からスタート。 最上段に詰める予定の大皿はご本人が詰められるそうで、それ以外でやれる事をやりました。 大皿を詰めて棚が全て埋まると、一の間の火床を詰める事となります。

明日は胴木の棚組み。 明後日は胴木の火床と一の間の大皿と火床で、今回の窯詰め終了予定です。

先の記事にも書いたよう、今回の一の間は入れる予定の品が少なく 入り切らなかったら入らなかったでいいや。と 急いで沢山作って持って行ったのですが。

ほぼ全部入ってしまいました。 もはや一の間ではなく 田中の間です。

明日は夕方から地元の近くに搬入作業がある為、最後まで見られませんが しっかり勉強させて頂こうと思いマス。

私のネコは皆さんの目にはネコに映らなかったようで カエルになりました。

マホニーさんのお友達のローレンスさんの抹茶碗の作りが ものすごく私好みでした。 なるほど。と感じた箇所もあり 今度 自分の形に取り入れてみようと思います。

色々な方が品を持ち寄る窯場って面白いですね。 私は今回 4種類 の土を使いましたが 他の方の品を見れば 全部で十数種類の土を使ったのと同義となり、とても勉強になります。

釉を掛けた品を入れる方もいらっしゃるので ほうほう…釉薬ものを薪焼成するとこういった傾向になるのか。と これまた 自分はやってないにも関わらず、その結果が見られるので 大変勉強になるわけです。

これはこうだからこうなったんだろうね。 いやこうだからじゃあないか。 じゃあ次はこうしてみたら いやそれならこっちの方が と、陶芸話に花が咲くわけです。

軽く吐き気をもよおすほど眠かったのですが その後 作業場へ行って削りの続きをする事にしました。

先日 紹介した花入、実は 3本 ろくろを挽いていたのですが TIME UP で 1本 しか削れなかったので、残りの 2本 を削りに来たというわけです。

前に紹介したものは全体の削りのバランスに重きを置いた品で コレは 削りたいように削りまくったものです。 つまり 削りが煩いやつですね。

コレはアウトラインを削った後、静かな感じで 要所々々に細い彫りを入れてみました。

今回の 3本 は全て引き出し用で 基本的な形は、一応 私なりの砧。という事で統一しましたが

・ 頭のデカさ加減 ・ 首の細さ加減 ・ 胴の張り加減

そこらへんに留意し、成形したものを削った次第です。

3本 を改めて見つめ直してみると 自分の求める形ってものが徐々に見えてきますね。 見えてくると言うか 絞られてくる。という感じでしょうか。

この部分のこのラインとこのラインなら こっちの方が好みだなァ。と こういった事の繰り返しなんでしょうね。

その後、明日搬入する品の梱包。 いつものアレですが、相変わらず写真では何も伝わりません。 ありがとうございます。

そういえば 励みになる事があったのですが。 眠たいのでまた今度。という事で。

オヤスミナサイ

0回の閲覧
0カート