• SAC Bros. Company

行く年来る年去る人


さぶ。

どうもこんばんは。motomanです。

自室のコタツは、厚手の毛布を 2枚 掛けていて 最弱にしていてもすぐに熱くなります。 熱くなったら切り、ほんの 5分 ほどで蓄えた熱で数時間を過ごし 寒くなったらまた 5分 ほど ON にする。という、エコな使い方をしていますが いやあ。 足は暖かいものの…手先が冷たいわあ。 📷今日は所用で和田山くんのところへ行くと 今日はクソ寒いので、天見辺りは道が凍るんじゃないですか。 ってな事を言われまして。 あ。そういえばそろそろスタッドレスを履いておかんといかんなあ。 ってなわけでですね。

私が整備士として働いていた、山口モータースへ飛びました。 トラ吉です。

この子はかわゆいリアクションでして、久々に会うと 目をほっそくして寄ってきます。 きっと笑ってくれているんでしょう。 📷「 忙しいからお前自分でやれよ 」 と言われるのは常で、ありがたくジャッキとエア ・ ツールをお借りしてですね 目的はタイヤ交換だけなわけですが、この際に ブレーキホースにひびや切れが無いか。とか パッドは未だ持つだろうか。だとか クセでチェックしてしまうんですね。

前に来たのは長崎に旅立つ前の事で オイル交換と水類のチェック、タイヤの空気を多めに入れに来ました。 その際に衝撃の事実を知ってしまいました。 社長がお亡くなりになっていたのです。 📷社長夫婦と、その娘婿であるボスが実質経営をしていて 私が雇ってもらえる事になったのは…もうかれこれ 6年 ほど前でしょうか。

4年間 モータースに厄介になり、作業場と窯など 設備関係を全て揃える資金を稼ぎました。

最初の 1 ・ 2年 は…それはもう 毎日のように怒られてましたね。 え、今 私の身体浮きましたよね !? ってくらい ケツを蹴り上げられたのは日常で ほんと 厳しく色々と教えて頂きました。

私はよく 一度社会人を経験しておいた方が良かったんじゃないの。とか まあそういった事を言われる事があるんですが 実質 3人 、私を入れて 4人 で経営していたという事で 小さな規模ではありますが、社会勉強をさせてもらいました。 📷事故当初は左手の調子が酷く、ほとんど何も出来ない状態で 就職やアルバイトなどの面接時に、迷惑がかかってはいけないから。と 正直に言っては落とされ続けた…そんな私を、拾ってくれたわけです。

徐々に慣れ、可能な限り左手を主に使うようにし クッソ重たい 10t トラックのドラムを持ち上げれるようになったのは 2年 くらい経った頃でしょうか。

大学を出た当初は、陶芸関係の仕事に就いたら ? なんて事も言われましたが まあ 今は何も後悔していません。 あの時に戻れたとて、またモータースに行くんじゃないかなあ。なんて思ってます。

今、喜楽歩にアルバイトに行っていて 陶芸関係の知り合いも増え、輪が拡がり そのお陰で活動の幅も拡がりました。 もし私が 大学を出てすぐに陶芸関係の仕事に携わっていたら もっと若いうちから輪が拡がり、もっともっと良いチャンスが沢山あったのかもしれません。

それもひとつ。 ある意味で正論かもしれません。 ですが 私が選んだ道も、正論のひとつであった。と言えます。

自分の車が整備出来るからって、陶芸に関係ないよね。と言われると うん。まあそうですなあ。と答えますが なんでしょうねえ。 今日ボスに言われたんですよ。 「 お前は 4年間 で顔つきまで変わったなあ。 よーやってくれたわ 」

と、まあそういう事なんだと思います。 成長させてくれたんですよね。人として。 もちろん、陶芸の事に関しては全く成長の無かった 4年間 だったわけですが そういう経験が今の私の芯にある。と、そう思っているわけです。

梅雨と初冬に入る度に 左手は痛み、毎年毎年 辛いなあ。なんて思っていますが 左手が痛む度、布団に入って目を閉じ 車をリフトに載せ、車体の下面を洗うところから始まり タイヤを外してブレーキをバラし、色々な事をして検査を通すまで 頭の中でイメージしながら懐かしむ事があります。

「 お前最近暇なんやったら、社長もおらんで忙しいし 週に何回かだけでも働きにこやへんか 」 と言われましたが

いえ。 私は一度腹をくくった人間なんで、もう整備の道には入れません。 依頼された仕事はありませんが、作りたいものが沢山あるし これからなんぞあった時に、すぐ動けるように 色々なものを作り貯めておく必要もあります。 とだけ伝えておきました。

「 うん。そやなあ。 まあほんまに金が無くなったらいつでも雇ったるぞ 」 と、笑って言ってくれるボスに会えた事が あの 4年間 をやり切れた原動力であったし 人付き合いの悪い私が、ふらっと遊びに寄れる場所がある。という事も 今の私のカにもなっている事は確かです。

辛い時に辛い事を思い出すのもヘンな話に思えますが きっと本当は 充実した 4年間 だったからこそ 寒いなあ。寒いなあ。と言いつつ 左手をさすりながら思い出す事なんだろう。と思いますね

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0