• SAC Bros. Company

裡 vs 外


ものづくりをしている以上、多様な刺激があるべきである。と思い 色々なジャンルに於いて好みが合わない人に、オススメの音楽を教えてもらいました。

早速 聴いてみたところ、世界観は何となく…柔らかくて良いな。と思いましたが YouTube でライブを聴いてみよう。と適当にチョイスしてみると ヴォーカルの顔面が… 今日はオムライスでした。 ケチャップで大きなハートを描いてみたよ。 とかいう写真付きの投稿をしそうな顔面で その投稿に対し 素敵ですね^^ とか書く女子達の沢山の いいね! までもが見えてしまった気がして…

イラッときました。

私のような、黒い妄想癖のある人が死なない限り この世に平和は訪れないと思います。

どうもこんばんは。motomanです。

先日、こういったものを成形しました。 花入としては…若干大きめです。

卯辰山工房の漆芸家に預けてある、以前 喜楽窯で焼成した磁器の花入がとても良く 再現性がどの辺りに潜んでいるのかを探るべく、次回の窯焚きにも入れて頂こう。といった想いで作ってみました。

あと ろくろばかりをしていると、どうしても正円に近い形に偏りがちで こういった荒々しいのもやってみたくなるわけです。

もちろん この手のものを作るにあたり、どうしても頭から離れないのは学さんの花器で おこがましいアレですが… ハッキリと見て取れるほど…強い影響は受けてはいますが 似た成形方法ではありながら、自分なりの何かが見えれば良いな。と 恥ずかしながら。 敢えて挑戦してみました。

使った土は九谷の磁土で、先日 金沢へ行った際 半田くんが土産に持たせてくれた、タタラ用の磁土です。 ちょうど良いサイズ感だったもんで、そのまま切り出し始める事にしました。

だいたいのアウトラインと正面を決め そこへ 2つ 。 ヘラ目をググッと入れました。

相手は土の塊なので、どれだけ烈しいカを込めても どうと言う事はありません。 ほんの 3秒 ほどの作業ですが、最も楽しいところであり 最も難しいところである。とも言えそうです。

ろくろは内側を主とした成形方法で 一般的には ( たぶん ) " しのぎ " と言われるこういった成形方法は 逆にアウトラインから決めていくアレで 学さんは口元から全てを刳り出しますが、私の場合 半分に割って中を刳り、接ぎ直します。

その際に注意すべき点が幾つもあります。 つまり 成形に関して幾つかの制約を抱える事となるので、口元から全てを刳り出す方が 荒々しい雰囲気は幾分出し易いのかもしれませんが 口元から全てを刳り出そうとすると、それが可能な形で無ければならない。という 別の制約が生まれるので、正直なところどっちがどう。だとも言えません。

テーマは " 烈しさ " だったので 男性的なラインを見つけられるように留意したつもりで ↑ の写真と比べ、足元の左に違和感があったので 結局そのあたりを切り出して終了しました。

若干 ねじれているような ちょっとした不安定感と言うか 素直に目に入ってこないあたりが…自分らしいかな。とも思いましたが 口元と足元のバランスがグッと良くなり、エッジの効いている感は増した気がします。 それが自分にとって良い事なのかどうかは…別として。 取り敢えず成形完了デス。

男性的なラインを狙ったにも関わらず、結局最後は 中性的なイメージになってしまいました。 そういった星の下に生まれてしまったのかもしれません。 どうもそっちに寄ってしまうのです。

想像しているような焼き色が狙えれば…すごく気に入ったものになりそうです。 アウトラインから成形する、こういった手のものも 今後 続けていきたいところです

0回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート