• SAC Bros. Company

西宮船坂ビエンナーレ 2010


”豊かさ”と一言で表すにも 精神的に豊かな人と 経済的に豊かな人とが居ると思います。

私はそのどちらにも該当しない…残念な人間なので 今朝起きても体調が芳しくなかったのですが 家で静養するのも何かこう… 気が引けると言いますか。

同世代で、陶芸という同じ道を歩み 私なんかよりもっともっと頑張っている人は沢山居るというのに 自宅で静養だなんて…どうにも引け目を感じてしまうような… そういった、精神的余裕を持てない…ちいせぇ人間なので。 せめて何か、非日常的な体験をしようか。と思い立ち。

今日は鳥さんと一緒に兵庫県まで 西宮船坂ビエンナーレ 2010 を観に行きました。

どうもこんばんは。motomanです。

最寄のコンビニのそばに大きな黒板があり、案内が書かれていました。 どうやら屋外展示と屋内展示に分かれているようで 屋内展示場として使われたのが、今年廃校となった小学校のようです。 その黒板を使ったんでしょうなあ。

茅葺屋根の残る地域という事もあってか この案内板にも茅が葺かれていました。

ネット上に詳細な地図が無く…とりあえず総合案内所となっている 小学校へ向かう事にしました。

と、その道中の物置小屋?にキャプションが貼ってありました。

展示区域がかなり広いようで、どうやらすでに会場に入り込んでいたみたいです。

良い感じの古家に、暖色系の豆電球。 白い作品を包み、やわらかな雰囲気が醸し出されています。
有機的なフォルムです。 地面からもう… 100 mm ほど高さがあれば、もう少し見易かったかもしれません。
続いて…開けた場所に これなんぞ?と、引き付けられるように近づいたのがこちら。
私の身長が 170 cm に届かない…中途半端な数字ですが まあそんな感じの大きさです。

野外彫刻は、前に連れの搬入を手伝った際に行った事がある程度ですが 迫力ありますねえ。 ”大きさ”という要素も軽視できません。

続いて目に飛び込んできた物がこちら。

周りの風景と相反するような、無機的なフォルムとその色彩。 展示の仕方は、ただ正確に列を成しているわけではなく 波打っているように置かれてありました。

私はこういった系統が好みなようです。 手頃な大きさの物が…執拗に並べられている姿に感じるものがあります。

私もフタものを執拗に並べてみたいなあ。と思います。

隣の家屋の中では 映像作品が2つありました。

1つは、白い土壁をスクリーンとし この地域に根付く踊りを淡々と流しているもの。 白い背景の前を、踊る人が横切る映像で 土壁の、フラットではないテクスチャに映し出された人々が どこか…幽霊のように見え、面白かったです。

もう1つは、クレイアニメのように 1枚1枚写真に撮ったものを繋げ、映像としているものでした。 身近な物を用い、それに光を当てる事で生まれる影を記録していました。 これは良かったですね。 どこにでもあるような身近な物を用い、センスだけで作品を作るというのは… ちょっと私には難しいです…

所々に小物が展示されていたりもします。

これらがすぐに目に付くというのは 色彩の持つ力ですかねえ。 周りとは違った要素がそうさせるんだろうなあ。 でもそれが、ただの違和感であってはならないわけで。

マット質な色彩だったのが良かったのかもしれません。 おそらくこれがテカっていたら…”違和感”になっていたのかなあ。なんて思いました。

会場はとても広く… 展示場から展示場への道のりは、このような…獣道 ( !? ) です。

いや、しかし雨が降らなくて良かった…

竹やぶを突っ切り… ようやく小学校へと辿り着きました。
"生きろ"と、直球なメッセージをテーマに制作されている方の作品。

出会う人に、半紙と墨汁で”生きろ”と書いてもらい それを集めては展示されているのだそうです。 発音すれば同じだけれど 文字にするだけで色々な表情が見て取れます。

私の書いた”生きろ”も展示してもらいました。 人の事は言えませんが…まあ2人とも…酷い字でした^^;

築130余年の小学校1階に並ぶ教室を展示場とし 5名ほどの作家さん達の作品が並べられていました。
廊下では 何やら奇妙な形の物がぐるんぐるん回っていました。

その形状があまりに気持ち良さそうだったので… アゴを擦って来ました。

錆びた鉄の大きな船が一隻。 その中央に置かれた水槽には白く着色された水が満ちていて 天井からの映像が映し出されていました。

何とも…不気味な感じもします。

校長室の壁を埋め尽くすのは 歴代の校長の写真。
そして…それらに落書きした作品。

ただのタートルネックではなく ジッパが着いている点が素晴らしいと思いました… でも、ジュワッチは違いますよね。 やはりここは アリアリアリアリアリアリアリアリアリでしょう。

私なら単純に 矢を貫通させてしまいそうなもんですが 魚雷 ? をパクリと咥えさせるあたりが…この作家さんのセンスなんでしょう。たぶん。
何だかわかります? 一見 レンガサイズの白い軽石のような物を積んだように見えますが… これ、ワイシャツをレンガの形に圧縮し、固めてある物です。

地面には養土のような、じとっ。とした少し湿り気のある 所々に根のようなものが混ざりこんだ、パサついた土が敷かれてありました。

その中央に置かれてある椅子に、普段と何ら変わらず”座るだけ”なんですが。

これがインスタレーションの魅力なんでしょう。 行為は特殊な事では無いわけですが 空間が違えばこれだけ感じ方が変わってくる点が 興味深かったです。

どういった空間と捉えたのか、筆舌には尽くし難い