• SAC Bros. Company

野良おっさん


私が未だ学生の頃、鳥さんはすでに社会人で 日々の激務に追われて電車を寝過ごし、奇しくも 今 私の作業のある天見の先にあるトンネルを超え、和歌山県は橋本市まで よく車で迎えに呼ばれたもんです。

思えば… もう 10年 近く経ったんですねえ。

どうもこんばんは。motomanです。

生まれてこの方、電車通勤というものをした事がありません。 たまに電車に乗る機会があると、まず寝ます。 なので、気持ちはわからなくもないのですが。

日付が変わった頃に帰路に着くと、ごくたまに 作業場付近の山道を歩く、スーツを着たサラリーマンであろう人を見かける事があります。 ああ。 寝過ごしてしまったんだね。と思うわけですが 何でしょうね。 親指を上に向けたあの ヒッチハイクのサインと言うんでしょうか。 アレを出している人ってまず居ません。

📷 かれこれ 今まで 3人 ほど、寝過ごした野良おっさんを拾ってきましたが そのどれもがこっちから停まり、声を掛けたものばかりです。

もし私が寝過ごした側の人間ならば、おそらく 山道とは言え国道。 一応、それなりの交通量はあります。 両手を振ってでも乗っけてもらおうと努力すると思います。 コッチ方面の電車で寝過ごし、この辺りを歩いているという事は どう少なく見積もっても… 1時間半 は歩かなくてはならない位置に自宅がある。と予想できます。

が、しかし どの野良おっさんを見ても、拾ってくれよ的なオーラは皆無で やっちまった感を一身に背負い 罪を償っているかのよう、トボトボと視線を落として歩いているばかりです。

これが企業戦士魂なのでしょうか。

📷 自分のミスは自分で何とかする ! と言わんばかりに歩く背中には ある種の覚悟が感じられ、拾う側の人間からすると 手を貸す事自体、野暮なんじゃあないか ? 彼らはラスト ・ サムライなんじゃあないか ? と思えてしまうほどで そう発想するようになって以来、私は 2 ~ 3度 野良おっさんを放置してきました。

今宵も 1人 の野良おっさんを見つけましたが、似たオーラを感じたので 多少の罪悪感を抱きつつも…スルーしました。 が、その先に ガッツリ親指をおっ立てた…いや あのヘルプ感満載の親指はもう " 立てている " とかいうレヴェルではなく、 " 建立 " と言ってしまって良いでしょう。 サムライ魂の欠片も無い、野良おっさんを保護する事となりました。

📷 すんません。すんません。と繰り返す野良おっさんでしたが おそらく… 私への感謝の意の " すんません " ではなく、救援を要請してしまった己の不甲斐なさに対する " すんません " だったのでしょう。 見れば総白髪で初老と言っても失礼のない歳に見受けられましたので、わからなくもなかったですけれど。

人と話をするのが苦手な私ですが、この風貌であまりにしゃべらなさ過ぎると怖いだろうな。と思い 乗り過ごしてしまったんですか。と問うと はい。つい…と。

貴方は仕事帰りですか。と問われ ええ、まあ。と返した後、この先の沈黙を懸念し いや、でも世間話が出来るようなスキルは私には無いし 私の数少ない興味のある事が、たまたま拾った他人と合う可能性なぞほぼ皆無であろう。と思いましたが 興味のある事についてしか話す事が出来ない私は、賭けに出ました。

この上で陶芸してましてね。と言うと あ、そうですか。 私もねえ。知り合いが陶芸家で 定年になったらやろうと思っているんですよ。と まさかまさかのピンポイント ・ ヒットです。

深く被ったニットにヒゲ面、汚れた風貌の私に拾われ 落ち着かない雰囲気だった野良おっさんも幾分 心が解れた様子で なんだかんだと話しているうちに、送り先に到着しました。

お金払うのもアレやしねえ。 いえ、そんなつもりで乗せたわけではありませんし。 私も嫌いではないし、作業場へ行って幾つか買わせてもらうよ ? ああ、じゃあ気が向いた時にでも。

そんな流れで別れましたが、私が思った事は 1つ 。 何故 電車を乗り過ごすのはおっさんばかりなんだろう ?

たまには剛力 彩芽みたいな人を拾わせてくれてもいいんじゃあないか ? それとも マジに作業場に来て あ、じゃあ…ここからそこまで全部頂戴。とでも言ってくれるのだろうか ? 実はどこぞの社長さんとか ? 実は娘が剛力 彩芽だったりとか… ?

恥じらいなく親指を建立した野良おっさんを見て、サムライ魂は無いのか ! とか思いましたが 善意の心で拾ったはずの野良おっさんに対し、そのように見返りを期待してしまった自分も サムライ魂に欠けているな。と感じた出来事でした。

今年中に あと何人の野良おっさんを拾う事になるのでしょうね

2回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0