• SAC Bros. Company

長崎 最終日 4 / 6 池島制覇


結局 ちょっとだけ風邪気味だったようで。 今でもちょーっと頭が重いですが、明日が作業の佳境に入るので 今日はのんびりと家で過ごしました。

特に何をした。というわけではありませんが 何かしていないと… おいおい。遊んでて大丈夫なのかい ? 頑張っている奴ァもっと頑張っているんだぜ ? と、声が聞こえるので…

FB に過去の写真などを UP してました。

結局遊んでました。

どうもこんばんは。motomanです。

というわけで。 池島探索の続きです。 📷このあたりから徐々に空の明度が上がってきました。

露に濡れた植物がなかなか。 良い。 📷せっかく、清水の舞台から 反りきりながら飛び降りる勢いで買ったカメラですので 素人がイキッてプロっぽい写真を撮り始めました。 📷微妙にいがんでる棟番号とか。

感じるわあ。 📷遠くに見える青信号は 誰が為に点いているのでしょう。

孤独に役割を果たしている物ですら どこか滑稽に感じる…池島。 📷公民館のような建物がありました。

電線が低い… 窓に近いところまで垂れ下がっているからか カバーが取り付けてありました。

窓やドアに打ち付けられた合板もそうですが 応急処置の痕があちこちに残っているところが、廃墟感を増幅させているのかもしれません。 📷人が居た頃は、ここが最も賑わっていたのでしょう。

広いメイン通りに出ました。 📷ゆるやかな風の音しか聞こえないこの場所で 私達の足音が響きます。

自分が確かに生きている事を実感します。 📷数十年前に訪れていれば ここも見慣れた風景だったのでしょう。 けれど ゴーストタウンになった今だからこそ、私達はここへ来ました。

石炭を掘る事に価値が無くなり、町としては死を迎えたかもしれませんが 人が全てを捨てて去った後、生まれた価値があり 私達 3人 を引き寄せた、何らかのカがあります。

この価値は…何という名でしょう。 📷鳥さんが指を差していますが 特に何もありませんでした。

彼は体力が無いので…座りたかっただけでしょう。 📷3 . 11 の義援金を募っていました。 辺境の地でも変わりなく。 📷またも出ました。 立ち入り禁止。

その奥に見えるのは… 📷ちょっと…お邪魔しますヨ… 📷滑走路バリに広い、平坦な場所に出ました。

これはきっと…ベルト ・ コンベアでしょう。 しかしすごい長さです。 📷足下の草むらには レールが隠れていました。 これが Wikipedia に書いていた、人を運ぶ為のレールなんでしょうか。 📷この一部だけ 建物が削がれたようになっていました。

何が建っていたんでしょう… わざわざ船で運び出すほど…その労力に見合うだけの…何でしょう。 📷その後、港へ戻るべく ひたすら坂を下り続けました。

どうやらこの辺りは、一軒家が多いようです。 📷おそらく池島唯一の会社だったであろう、 池島鉱業所の正面ゲートがありました。 📷雲の切れ間から陽が射し込んできました。

下り坂はまだまだ続きます。 📷大きな一軒家が立ち並んでいます。

あの斜面に窯を作って あの家々を作業場 兼 住居にして… 陶芸家が集まれば楽しそうデスネ… 📷よくよく見てみると ここにも朽ちゆくものが。 📷カーブミラーに写る煙突は。

デカブツの予感がします。 📷人が居た頃は 海水浴で賑わったんでしょうか。

奇麗な浜が見えます。 📷コワフュールというのは、仏語で美容院の意らしいです。

住居があり、炭鉱という仕事場があり 商店街があり、美容院があり 神社もあり。

人の社会には色々なものが必要ですねえ。 そういえば、目にしませんでしたが きっと何処かに葬儀所なんかもあるのでしょう。 墓地も見ませんでした。 📷でっけー アレは一体なんぞ。 📷何だこのうねりっぷり… かっこいい。 📷どうですかこの朽ちっぷり。

壁紙にどうぞ ^^ 📷何を燃やしていたんでしょう ?? きっとさっきのでっけーゾウさんの中で燃やして このでっけー煙突からモクモクしていたのでしょう。

こんだけの径でこんだけの高さなら 引きが強かったでしょうねえ。

薪窯にこんな煙突つけたら… 📷いかにも工場工場した工場が見えました。 📷雨と時間の経過が作り出した模様の模様です。 📷えー こちらが彼の有名な…

池島にガイドが居れば…楽しいだろうなァ。 📷鳥さんの顔が青白くなってきました。 限界が近そうです。

足取りがアヤシかったので、さくと私は構わず歩き続け 彼を放置し またも現れた立ち入り禁止に挑みました。 📷物音が聞こえたので 人に見つかったらマズいな。と スニーキング ・ モードで潜入しました。 📷腐海の極みがありました。 トロッコが緑に飲まれていました。 📷壁紙にどうぞ ^^ 📷こんなヘンな形が 計算された…最適な形なんでしょうか。 📷この斜めになっている屋根は ベルト ・ コンベアがありそうですね。 📷ありました。

動かしてえ 乗ってみてえ 運ばれてえ 📷ほんと こんなところをキレイに片せば 上等な作業場になりそうなんですけれどねえ…

ベルト ・ コンベアで意味なく土を運んだりしちゃったりしてさ ♪ 📷さくがこの旅行に合わせ 一眼レフのデジカメを新調しました。

それにモノクロ機能があるようで。 📷作業中の札が下がった廊下。 動力室か何かでしょうか。

こういう場所の奥には つえーボスが居るパターンです。

この先はマズそうだ。と引き返しました ^^ 📷こういう場所は…足元に目線を奪われてしまいがちですが 天井に張り付く系のクリーチャーに注意しましょう。

ゲームのやり過ぎですね。 📷ラピュタっぽい写真が撮れました。 ネコが草に飲まれていますね。

一輪車は俗にネコと呼ばれます。 なんで ? と思った人はググってみればいいんじゃないかなあ。 📷そして。

引きの強烈そうな煙突の真下まで来れました。 何かこの煙突だけキレイなんですよねえ。 石造りだったんでしょうかねえ ??

でもこうして見てみても鉄製らしきバンドがかかってますねえ… ナゾです。

現役で使われているとか… 地下に国家機密の秘密工場でもあるんじゃあないでしょうか ! 📷空を見上げると 煙突やら建物の壁やら鉄製の階段の踊り場やら… 色々な物に囲まれています。 📷この形、一体どういう効果があるんでしょうねえ。 📷ぶっといぶっとい配管です。 何が通っていたんでしょう。

工場マニアとかならわかるんでしょうか。 やはりガイドが欲しいですねえ。 📷壁紙にどうぞ ^^ 📷何かをプレスするのであろう機械。 鉱業で挟む工程って…一体何なんでしょう。

意外と 鉱員の為にワッフルを作ってたり。 📷格好の良い煙突を発見しました。

何故わざわざ屋内から屋外へ出し、屋根上へ伸ばしたんでしょう ? 工場の用途が変わって増設したんでしょうかね。 📷写真の中に文字があると、一際目を引くように 歩いていて文字が落ちていると、すぐ目が奪われます。

生まれて人間が最初に学ぶ記号の持つカというのは いやはや強いものです。 📷かなり天気が良くなってきました。 これは…最終目的地へ行ける可能性が見込めるんじゃあないですか !

思えば 曇天の下で池島を探索できたというシチュエーションは かなり良かったんじゃあないの ? と思います。 それっぽい雰囲気を演出してくれました。

建物が濡れている様が…とても良かった気がします。 📷ここなんか 合板で壁だけつければ…その日から作業場に…

しつこいですね。 📷疲れ切った鳥さんは寝ていました。 回復したようです。 📷と、思えば 荒廃した瘴気にあてられ さくが壊れてしまいました。

そして私のデコはズルむけてしまいました。

植毛費も貯めなければならんぜよ。 📷どうやら港と対面に出たようだったので 徒歩で港まで、海岸沿いを進みました。

そこで目にしたのが…スカパーのロゴです。

興ざめだぜよ。と思いましたが いや、この 新しいものと古いものが混在しているからこそ、良いんじゃないの。という 鳥さんの一言に納得しました。 📷つまり… それはこういう事でしょうか。 📷アスファルトには貝殻が多く混じっていました。

さすが島ですね。 現地の土砂を混ぜたんでしょうね。 📷廃墟を背に歩き 島を出る為の港へ近づくにつれ 何故か少し…ほっとした気がしなくもなく。

どちらが好きなのかと問われると 私は踵を返し、廃墟を選ぶかもしれません。

あそこで人は生きていけません。 人は他人に それよりも 物に依存しなければ 取るに足らない存在です。

物に触れ、反力を感じなければ そこに物が在る。と確信できないし 静かな町を歩き、自分の足音を認識する事で 自分が自分の身体から外へ影響するカを持っている事を…再認識します。 📷色々な事象の中、雑多な日常生活を何気なく送っていますが 私の作業場 SAV でよく感じる事。

夜中に作業していると、前を走る国道もほとんど車が通らず 自分の発する音しか聞こえなくなる時間帯があります。

身体を動かせば、着ている物の擦れ合う音が聞こえるし トイレへ行こうと作業部屋を出ると、涼しい風が頬に触れます。

歩けば冷たい草がチクチクと触れるし 月はいつだって私を見下ろしています。

私が物を作っているのは 何の為なんでしょうね。 自分の作りたい物を作るだけなのであれば もうそれは叶っています。

それだけに留まらず、人目に触れるところへ出すべきだと考え 活動の幅を拡げようとしているのは… きっと 誰かの反応が欲しいからなのでしょう。

それでも それが本当に自分のやりたい事なのかは…未だわかりません。

道を挟み、左側には緑が広がり 右側には廃墟と緑の混在するこの写真のように 私は 私というものがよくわからないまま 比較的歩き易い道をただ…その道の続くように歩いている気がしなくもないですが それが最も私らしいな。と思うのも私自身で。

結局のところ どちらに飛び込む勇気を持たず 迷いながら、ただ時間だけが過ぎてきた。という まるで私を象徴したかのような一枚です。 📷迎えに来てくれた、行きも乗せてもらった漁船に乗り込み 私達は池島を後にしました。

うーん。 また来たいなあ。 今度は泊まってみたいデスネ。 灯りのない…夜中の池島を体験してみたいものです。

トモさんはどんな映像を撮ったのでしょうね。

この後 私達は最終目標へ行けると信じ。 すぐさま車を走らせました。

ルート検索で予想された所要時間と 到着しなければいけない時間が…ほぼ同じでした。

飯を食う間もないのが…残念です

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0