• SAC Bros. Company

長崎 最終日 6 / 6 惰性

東京での打ち合わせ、宇宙茶会初日も無事終わり 心の中ではひと段落ついたんですが スケジュール的には全くひと段落ついていません。

色々なものを観て色々なパワーをもらったんですが 気付けば土が切れてました。

弾切れでは戦えん…ッ

どうもこんばんは。motomanです。

そんなこんなで。 終わりを迎えるのに随分と長い事かかってしまいましたが。 長崎、ここに決着。です。

まァ…メインは全て終わってしまったので 後は惰性が残るのみです。

軍艦島を後にし、帰りのフェリーの出る港へ大急ぎで向かいました。
結果…ギリギリセーフ。

この船を逃せば…キャンセル料が発生するという 際の際までをも、無事に乗り切りました。

台風が来ているにしては 軍艦島にも無事に渡れましたし、雨もチョロッと降っただけで。 行きたい場所は概ね見れました。 ツキのある旅だったようです。

入庫完了。 とりあえず今夜の寝床へ向かいます。
想像していた以上にキレイな感じでした。 沢山の人達が乗ってましたね。

彼らもまた、何処かへ旅へ出た帰りなのか これから旅立つところなのか。

一番グレードの低い客室は雑魚寝です。 私達はほんのちょっとのお金を足し、 ( 一応 ) 個室で寝られる客室にしました。

廊下があり、その両脇にドアの無い二段ベッドが並んでいる感じですね。

荷物を置き、とりあえず煙草を吸い 本日のディナーを食べに行きました。

懐かしのザ ・ めしやのようなスタイルです。 欲しいものを選んでトレィに乗せる。というアレです。

無事にフェリーに乗れた事で もうあとは寝るだけ。 すっかり気が抜けてしまいました。
値札を見ながらアレしてですね…何だかんだと食べました。
船旅ってのも良いモンですねえ。 ゆったりとした空気が流れています。

池島へ渡った時の漁船。 軍艦島へ渡った時の 200人 乗りの中型船。 そしてこの大型客船。と 何気に色々なサイズの船に乗れました。

甲板へ出たら、鳥さんの魂が抜けてしまいそうになりました。
土産物は当然、こうなります。

福砂屋のかすてらです。

こうして無事に帰阪し、帰宅してすぐに仕事を始めた 3人 でした。

旅は良いモンです。 感性が何かと刺激され、ひょんな事からヒントを得たりします。

今回の旅で得たものは 主に池島炭鉱で見たものに近しい感覚でしょうか。 良い感じに活かせれば…天に召された幾人もの諭吉の魂が、価値あるものに変わるでしょう。

で、こうなると。 次回は何処へ !? という流れになります。 今のところ、四国が濃厚です。

いつの事になるかは、さっぱりわかりませんが そんな感じで また何処かへ旅立とうと思いマス

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0