• SAC Bros. Company

長崎 1日目 宿無しポルポ


恥ずかしながら帰って参りました。 帰ってくるなり mixi やらメールやら Twitter など見てみると 旅の日記はよ。 はよ。 と、方々からこれでもかと催促されたので… したためてみようと思います。

非常に濃いので…骨が折れそうです。 どっかから報酬が出れば良いんですが。

どうもこんばんは。motomanです。

さて。 趣味や嗜好が近しいであろう、度々コメントをくれる…ちあらさんから おもしろそうな話を聞きまして。 昨今 私がとても興味のある内容だったので、調べてみる事に。

そして、時を同じくして 幼馴染の 3人 で旅に出ようか。という話が持ち上がり ちあらさんが教えてくれた場所を提案してみると これがすんなり通りまして。

長崎へ向かう事となりました。

登場人物は…

某旅行会社に勤務、幼稚園の頃からの付き合いで さくさく小判というお菓子を好んで食べていた事から " さく " というあだ名の付いた彼。

今回の旅のプランや手配など、全てをやってもらいました。 あざす。 海外旅行の添乗を主にやってます。 旅のプロですね。

小学校からの腐れ縁。

色々な会社で図面を描き渡り、社会の理不尽さにツバを吐き 後ろ足で砂をかけて ( !? ) 独立。 自宅で毎日 図面を描き、肩が痛い痛いと言いながら フリークライミングをやる為に指先と腕を鍛えるもなお 出た腹が元に戻らない…鳥さん。

え、まじで。と思わず口にしてしまいそうな有名な建物のトイレ。 実は…彼が図面を描いています。

そして ひたすら山に篭り続け、わけのわからない品物を作り 売れねえ。金がねえ。飛びてえ。が口癖の私。

仏頂面で難しい顔をしていますが、特に何も考えていません。 宝くじでも当たってしまえば 毎日 ペプシ NEX を飲み、映画を観て音楽を聴き 本を読んでは好きな物を食べ、土に触れ 眠りたい時に眠り、それら不摂生が元で寿命が 50歳 になり…ポックリ逝ってしまっても まあええわ。と思っているような人です。

よくすれ違う子供に 2度見 されます。

長崎で出会いがありますが、それはまたその時に。

移動手段はこの車。 鳥さんの車の保険が、加入者本人のみの適用だったので 誰でも運転 OK のおかんの車を借りました。

前日に、働いていた整備工場へ行き オイル交換 ・ ベルトの張り調整 ・ タイヤの空気チェックをしておいたので万端です。

9 / 1 の 16時 に合流。 一路、目指すは九州は長崎。

3人 寄れば何とやら。 後部座席の 1人 は眠り、順番に運転し続け 岡山は吉備へ到着しました。

名物はもちろんコレ。 団子ですね。

ゲストハウスに宿泊予定なので、そこで出会うであろう外人さんと仲良くなれるように さくが 1つ 購入しました。

家来になってくれるでしょうか。 酒を飲んで顔面真っ赤な白人が居れば…赤鬼をも家来に出来るかもしれないという 可能性を秘めたアイテムです。

最近の SA はキレイに作られてますねえ。

屋外で喫煙エリアが決められているのが 謎で仕方ありません。

吉備SA で人気 No.1 のデミカツ丼。
私はあえて冒険しました。 ブランド豚、その名も美豚 ( ビトン ) という… 鼻で笑ってしまいそうなネーミングの豚の上に 流行りの、食べるラー油とやらがのっかった丼をチョイスしました。

皆さん訪れの際は デミカツ丼食って下さい。 ビトンは食べなくて良いです。

肉も薄いが…味そのものが薄過ぎました。 ピリッともこないラー油に意味はあったのでしょうか !

続きまして。 後悔の念と共に岡山を後にし、次に向かったのは 広島の 小谷SA 。
さすがにこの時間になると、長距離トラックが駐車場に並びます。

そんなトラック野郎用なのでしょうか。 シャワーとランドリィがありました。

ここで食すべきは 当然のごとく、広島焼なわけですが。 鼻の差で 22時 をまわってしまい、 SA内 のレストランが閉店してしまいました。 くぅ…

しかし 腹が減っては良い旅は出来ませぬ。 尾道ラーメンを食す事にしました。

どっちが何で どう違ったのかはサッパリ覚えていません。

が、普通に美味しかったです。 ごく普通でした。

蒜山が近い事もあり 乳製品が豊富に並んでいました。 つまりは 飲むしかありません。

王道をいってそうな牛乳 1本 と、マイナーっぽい飲むヨーグルトを購入しました。 貧乏なので、当然これらを 3等分 です。

昔は大好きだった牛乳も、今となっては下痢促進飲料でしかありません。 ぐびっと飲み、トイレへ行ってキレイなものを出しつつ 今後のルートを確認します。

飲むヨーグルトは、一般的に市販されているそれよりも硬さがあり 初めは少し違和感がありましたが、味は太鼓判ってやつです か ?

私は美味しいと感じましたが、 2人 は首を捻っていました。

次へ向かったのは この日の目的地でもある、山口県。 下松SA で休憩です。

" くだりまつ " じゃあなくて " くだまつ " らしいですよ。 くだまつ で変換したら 下松 と出ますね。 ひとつ賢くなりました。 急いでタイプしたい時は くだまつ と入力しましょう。

おそらく 2日後 には忘れているでしょうけれど。

この頃からちょっと疲れが見えてきたので 何故こんなにウェスタン風なのかについては、そっとしておく事にしました。
トイレは格好良かったですよ。 男子便器がシャープでキレてました。 良いなあ。

女子便所も覗いてみたくなりましたが、自制心を以て止めておきました。

手洗いも凝ってます。

お金が余っているんでしょうか。

ただ、残念だったのは 撥水が甘かったところでしょうかね。 ガラコを塗布したフロントガラスみたいに、キレイさっぱり水滴を弾き切れば もっと美しいのにな。 勿体無し。

どうでも良いですか。 山陽道をさらに西へと邁進します。

途中、 美東SA に寄り ペプシ NEX を補充。 明日の朝ご飯も購入しておきました。
そして 高速を降り下道を走ります。 目的地の秋吉台へ到着しました。

何をしているかって… 寝袋を敷いているんですよ。 貧乏人には人権も宿もありません。

私に求められるのは、それらを軽く凌駕する発想カと自由さです。

-30℃ の環境下でもガッツリ寝れるという 鳥さん自慢の寝袋です。 せっかくなんで私も借りました。

しかし 初日からいきなり野宿という。 まだ、ね 柔らかい土の上で鈴虫の声なんかを聴き 土の匂いを嗅ぎながら眠るならまだしも。

ガチ硬コンクリートの上です。 なんで到着した駐車場で寝るし。って話なんですが 金銭に行動を制限されるもまた ヒトの性でもあります。

こんな感じで始まった今回の旅。 どういった展開を見せるのでしょうか。

とりあえず 朝目覚めた時に強烈な画が 画というか顔面が…目に飛び込んできたので 次回は出オチとなります。

今回の題の " ポルポ " という単語が何を示唆しているのか !!

お楽しみに

[ 1日目 の足跡 ]

(C)Yahoo Japan,(C)GeoCatalog
100 km
地図航空写真地下街

2回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート