• SAC Bros. Company

長崎 2日目 3 / 3


しゃッス。

どうもこんばんは。motomanです。

では… 2日目 の終わりまでをば。

無事に宿泊するゲストハウス、かゞみやへ到着し 一服ついた後 夜の長崎市内をぶらぶらと散歩する事にしました。

趣のある庭ですなあ。

看板の横にあった灯りにステンドグラスを使っていたり、窓の形が舟の操舵の形になっていたり このテーブルもモザイクタイルが貼ってあったりと 和風でありながら異国のテイストが所々に混在している様が 長崎に来た感を演出してくれます。

路地を抜け、主要道路へ歩きます。 奇麗な街並みです。
目印になるロイヤルホストの下は、チンチン電車の格納庫になっていました。 そう。 長崎はチンチン電車が走っているんですねえ。

大阪は堺にも走っていますが、長崎のようにオシャレ感はアリマセン。 何が違うのでしょう… ?

ちょうど かゞみや の最寄の駅が端っこで、始発点であり終点でもあります。 分かり易くて良かったデスネ。
思えば 堺にあるチンチン電車に乗った事があるかどうかもアヤシイです。 初めて路面電車に乗りました。

長崎でもチンチン電車って言うんでしょうかね ?

どうやら結構な範囲に渡って運行しているようです。

蛍茶屋という駅から乗り込み、市内へと向かいました。

JOJO立ちっぽさ はイマイチですが、なかなかのポージングです。

さすが、世界を股にかけるプロの添乗員。 秋芳洞で起床し、すでに 14時間 が経過していますが… タフな男やで。

大阪で言えばミナミでしょうか。 市内の大きな商店街をぶらぶら歩きます。

目的が何だったのかは忘れました ^^; 明日の下見ってところですかねえ。 さくはプロなんで、明日どう動けば良いのかを下調べしてくれてたのでしょう。

シャープな男やで。

土産に。と 寄ろうと思っていた老舗のカステラ屋が閉まっていたので さらにぶーらぶらと歩く事に。

細い路地にも入ってみました。

で、問題のこれですよ。 DOUTOR です。

散々 2人 にバカにされたんですが 皆さんこの店の名読めますか ?

DOUTOR 入ってちょっとお茶しよや。とさくが言ったのに対し ああ。コレ DOUTOR って読むんや。へえ。と、ボソッとこぼしてしまったのが間違いでした。

やれバカじゃないのだとか 大阪住んでて知らんとかありえん。とか

じゃあ何ですか。 貴方は陶芸の顔料である、ピーコックがどんな色だか知っていますか。 ライラックはどんな色なんですか。 1号透明釉 と 3号透明釉 は何がどう違うか知ってはるんですか。って話ですよ。

まあ結局 私の注文した抹茶ラテが、 2人 の注文したものより格別に美味かったので 私の勝ち。という事でここはひとつ。

イキって ( これは方言ですかね ? 調子に乗っての意です ) 若い女子が注文しそうなハニーレモンだかなんだかを注文して ハニーの味せえへんやんけ。とか言ってるポルポ…いえ 鳥さんには間違いなく勝ちました。

長崎まで来て何なんでしょうかね。

読めない人は昼休みにでもコッソリとググって下さいね。 私のようにドウトールと読んで赤面しない為に。

その後、眼鏡橋なるものを見に行こう。と さらに練り歩きました。

そこで見つけたのが、この擬宝珠です。 愛らしいいいいいいいいいいいいいい

で。 眼鏡橋に到着したんですが。 何故この橋が有名なんでしょう。 他の橋とは確かに形が違いますが。

調べてみました。 どうやら日本初の石造りアーチ橋だから。だそうです。 重要文化財みたいですね。 へえ。

名の由来は当然 水面に写る姿と合わせ、眼鏡のように見えるからです。 へえ。

私も一応ポージングしてみました。

中途半端ですみません。

そこらへん 彼はプロです。

ガッツな男やで。

その後 何処をどう通ってここへ辿り着いたのか…サッパリ憶えていませんが 路地に入って坂を上り続けました。

暖色系の街灯で、何故かテンションが上がります。 イタリアもこんな感じでしたねえ。

半分ほどでしょうか。 坂をひたすら上り続けている最中、寺が目に入りました。

誰も居ない寺とか テンションが上がらざるを得ません。

さくが急に屈み込んだので 何ぞ。 と訊くと

カーズの最期やんか。 と コーラを飲んだらゲップが出るくらい…当たり前の事のように言われてしまいました。

私は考えるのをやめました。

さくがシュトロハイムのポーズをとったので 私はその背後を高速移動し、見事スタンドっぽさを演出する事に成功しました。

ただの旅人ーズ ・ ハイってやつです。 すみません。

まだまだ坂は続きます。

かゞみやを出て街並みを見た時に感じた、違和感のようなものがわかりました。 とにかく坂が多いんですね。 高低差がものすごいので、遠方の家々の明かりが見えるんです。 どこに居ても 下にも上にも家があるので、夜景が見えちゃうんですね。

しかし 長い上り坂にいささか疲れが見え始めました。
ようやく目的地に着きました。 茣蓙がアーチのように掛かっています。 そこへこの暖色系の灯り。

これだけでおもしろい効果が得られるモンなんですねえ。

着きました。 亀山社中です。

坂本 龍馬らが興した、日本で最初の商社と言われているアレです。 龍馬らが最初に拠点を構えた地「亀山」と 仲間を意味する " 社中 " を合わせて名付けられたそうです。

長州藩の為、薩摩藩名義で大量の小銃や蒸気船ユニオン号の購入・運搬を成功させ 薩長盟約締結へと繋がった事は言うまでもありません か ? 私は全く知りませんでした。

とにかく 時代が動くきっかけになった商社ですよ。という話だそうです。

夜に行ったので当然、中には入れませんでしたが この雰囲気は夜ならではですね。 しかもこの坂道…夜で良かったです。

すぐ傍にこんなものがありました。 看板だったか路面電車内だったか…街の地図だったか。 " 龍馬のぶ  -つ " と、 2行 に分けて書かれていた単語を見て 龍馬のぶひとつ ?? ノブーツ ?? なんぞ ?? と思ってましたが どうやらブーツだったようです。
あれだけ上がってきたわけですから。 夜景もひとしおです。
とりあえず履いてみる他ありません。

鳥さんは何処へ向かうのでしょう。

片手運転でイキっている私の未来は明るいようです ?

後光ならぬ前光が射しました。 いえ、ただの街灯です。

それにしても 龍馬の足でけえな。

上がった分はキチンと下りましょう。

下りの方が足にくるわあああ

ショートカットできんもんか。と、適当に違う道を下りてみると 神社に龍馬が居ました。
あれだけ靴がでかかったのに。

龍馬ちっさ。

疲れ果てていたので適当に撮りました。
鳥さんは鞘を掴みました。 江戸時代なら切捨てられています。

その後、意外に遠くないんじゃないの。って事で 帰りは徒歩でかゞみやへ帰りました。

かゞみや近くの神社にあった、狛犬ならぬ狛狐です。 滑らかな肌がたまらんぜよ。

ただの個人的嗜好です。

確かもう 22時 近かったと思いますが 他の宿泊者の方々が未だ起きていたので、リビングでお話しました。

左の方が韓国から来た ヒョンさん で、右の方がレバノンと日本のハーフの トモさん です。

トモさんが撮ってくれました。 右の方がかゞみやの女将さんです。

トモさんは日本語も英語もそれなりに OK で、ヒョンさんはハングルと英語。

さくとトモさんに通訳してもらいながら、何だかんだと楽しく話しました。

ヒョンさんは長崎から南下し 沖縄へ渡って自転車でぐるりと旅して周るつもりだそうで トモさんは映像の仕事で、もう 2週間 も前からこのかゞみやに泊まっているそうです。

私達の目的地の話をすると、トモさんが興味を持ったようで PC で画像を見せると wow... what the fOck oh my god.. crazy.. と言ってました。

生 wtf いただきました。ありがとうございます。

そんなこんなで夜は更け 私達は泥のように眠りにつきました…Zzz...

とりあえず ハングルの発音難し過ぎます

[ 2日目 の足跡 ]

(C)Yahoo Japan,(C)GeoCatalog
60 km
地図航空写真地下街

0回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート