• SAC Bros. Company

長崎 3日目 2 / 2


残暑が…夏本番よりも暑い気がしてならんです。 明日から販売会が始まるんですが。 フォーマルな格好をしましょう。という事で 白シャツに黒パンで臨むつもりなんですが… 暑いんだろうなァ…

どうもこんばんは。motomanです。

さて。 3日目 続きです。

このおっさん誰やねん。って話でしたが グラバーさんです。

武器商人で、その財で色んな事をしてコケるも 日本初の蒸気機関車を走らせたり 炭鉱を開発したり 製茶工場を作ったり 三菱の相談役になったり キリンビールの会社の基礎を作ったり…と 色々とアレして活躍した人です。

そう。 グラバー園へ向かいます。
異国な街並みがなかなかおもしろいです。
しかし 相変わらず上り坂ばかりですね。

もっと歳を食う前に来て良かったデス。

龍馬伝のブームで こんなものがあったので試してみました。

31歳 です。 すいません。

鳥さんも撮ったぜよ。

すぐ下に走るのは…若さゆえでしょうか。 彼は未だ 30歳 です。

もう何かこのあたりから観光に飽きてきたので この教会が何という名前なのかすらも憶えていません。

私にとってはただの教会でした。

そしてグラバー園へ。
なんとも便利な事に。 エスカレータがついていました。

2本 のエスカレータに乗り、てっぺんまで上がってから 歩きながら降りる。ってぇ寸法のようです。

てっぺんにあった建物。 グラバー園と名付けられていますが、全てがグラバーさんのものでもないようで 屋敷ごとに名が付いていた気がしますが、もうどうでも良いです。

一応 中を覗く事にしました。

何ひとつとして私の興味を惹く物が無かったので…とりあえず 2階 へ上がり バルコニーに出てみると さくと鳥さんが鯉にエサをやっていました。

私以上に興味が無かったようです。

景色は良かったです。

赤い船、そういえば長崎滞在中に色々なところから見えていました。 何の船だったんでしょう。

さすがに、多少の寝不足と歩き疲れで 鯉にエサをやりながら休憩する事にしました。
いやあ… まさか長崎へ来て、鯉にエサをやる事がこんなに楽しいものだったのか。と知る事になろうとは。
頭の真上にエサを落とすと、胸ヒレを必死に動かし… バックするんですよ。 魚がバックする姿を見たのは初めてです。

何度か試してみましたが、間違いありません。 鯉はバック出来ます。

その必死さ加減が非常に楽しかったデス。 グラバー園で、最も私の興味を惹いたのは鯉でした。

これがグラバーさんの屋敷です。

前に BS で観た事があったと思います。 緒方 直人が訪れていました。

その時に 隠れ切支丹を隠す隠し部屋がある。と言っていたので 隠れ切支丹を隠す隠し部屋を探しました。

これです。

で ? っていう。

まず最初に 馬から落ちて落馬して下に落下した着地点に居た馬に奇跡的に着地し またもその馬から下に落下して落馬した 頭が頭痛で痛い隠れ切支丹を隠す隠し部屋の傍にある蕎麦を 食わない言い訳を言う内容の書類を書く 梅雨の雨に打たれる博打うちの隠れ切支丹………

グラバーさんの嫁はんの部屋の傍に、素敵な…何て言うんでしょう。 温室 ?? がありました。

私ならサボテンばかりを並べてしまうと思いました。

そこにあったのがコレ。

狛犬フェチとして、今まで色々な狛犬を見て来ましたが コレが群を抜いて抜群でした。

良い表情ですねえ。

コレを元にキリンビールのロゴが出来たそうですよ。 グラバーさんのトレードマークのヒゲを足したようです。

ああ、そうか。 じゃあ狛犬じゃあなくて麒麟なんですね。これは。

いいなあ。 抱き枕にしたいです。

帰りはこちら を追って歩くと、なんちゃら会館みたいな所へ誘導されてしまいました。 色々な物を強制的に見せ、売店でお土産を買わせる作戦のようです。

結構 立派な物が並んでいたんですが、ここで写真をパシャパシャするのも癪だ。と思い あえて写真を撮ってやらないプレイに興じていたんですが。

玉手箱があったので撮ってしまいました。

さくは放心状態で休憩です。
鳥さんは満面の笑みで鳥を撮っていました。

3人 とも徐々に壊れかけています。

個人的嗜好で言うと、グラバー園で私の興味を惹いたのは

鯉 > 麒麟 > 玉手箱

といった並びとなりました。

またも旅人ーズ ・ ハイに陥ったので 長崎へ来た記念に写真を撮りました。

短い足を長く見せようとする滑稽さがこの写真の見所です。

一応 断っておきますが。 私、毎日同じ Tシャツ 着てますけども。 全く同じシャツを 4枚 持って行っただけの事で 秋芳洞から着替えてないわけではありませんよ。

その後 再び長崎市内へ舞い戻り、土産のかすてらを購入。 晩御飯に。と、本日 3度目 のとんこつラーメンを食べに行きました。

ららら へ行きました。

私がチョイスしたのがコレ。 名前はバッチリ失念しました。

ピリ辛で Good でした。 周った 3軒 の中ではココが一番好みに合いました。

何時の間にか行き着けになった煙草屋の前で、相談中です。 何を相談しているかと言うと… 4杯目 のラーメンを食うか否か。です ^^;

その店のとんこつっぷりは強烈で 店の前を通るだけで、家畜小屋の豚に抱かれている画を想像してしまいます。 オッコトヌシに近づく為にイノシシの生皮を被っていたジバシリは こういう気持ちだったんだろうなあ。と思います。 その臭さ。 リミット ・ ブレイク。

さして腹も減っていないこの状況下で あのヘヴィな臭いを放つものを食えるんだろうか。 といった議論がなされ、結局 気分がノッたら夜に食べに来よう。という流れになり…立体駐車場へと向かう途中…

その店の前を通りましたが コレやっぱアカンやつやで。という結論に至り、逃げるように車に乗り込みました。

なんでも 福山 雅治の行き着けだそうで、柴崎 コウと一緒に来た事もあるそうな。

あの福山が強烈に臭いとんこつラーメンを食っているところは想像出来ませんでしたが 福山ファンの久本 雅美が、福山の行き着けだから。という理由だけで わざわざ長崎まで来て あの臭いラーメンを食っている姿は容易に想像出来ました。

何の差 ?

夜の帳が下りてきました。 かゞみやへ戻り、明日のプランを練らなければなりません。

何の為に長崎へ来たのか ! もし明日の天気が悪く…船が出港出来ない事態になってしまうと 長崎へ来た意味が無くなりかねません。

私達の運命や、いかに !?

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0