• SAC Bros. Company

隷属と幸福


今日は幼馴染 3人組 で、来月のプランを練りつつ IKEA に行ってみました。

どうもこんばんは。motomanです。

安い割に質が良い。とウワサの IKEA 。 私は初めて行きました。

道中で幼馴染から得た情報によると… 2人共 口を揃えて 奴隷になった気分が味わえる。と言います。

頭に ?マーク が浮かびましたが、いずれ分かる事。 奴隷になれる瞬間を楽しみに、いざ店内へ。

連れいわく そんな混んでもない。との事でした。 土日ならこれくらいの人が集まるようです。

盆だから。という事ではなかったようで。 いや、しかし広いです。

なんでも、売り方に特長があるそうで…なるほど。 実際にひと部屋まるまるコーディネイトした様子で展示してあります。 ある程度の提案をし、イメージを湧かせて購買意欲を誘う。といったところでしょうか。 9月 の販売会に応用してみよう。と思います。

これがウワサの倉庫ゾーン。 売り場で欲しい家具を見つけたら品番をメモり、ここで該当する商品を探します。 皆さん周知の通りですが IKEA は低価格を実現させる為、できるだけコンパクトに梱包した商品を空輸し 運送コストを抑え、客が自分で組み立てるのが当たり前。となっています。

色々と考えるモンですねえ。 私は組み立てたりするのが好きな人なので、そういった楽しみも味わえます。

基本的にセルフなので、商品をレジまで運んでもらうだけで 別途料金を取られるそうです。

とは言え 見た目はコンパクトでも、家具の部品が詰まっているわけですから 重いのなんの。 鳥さんが購入した、高さ 2m を超える本棚なんて 独りでは到底運べませんでした。 2人 がかりでトロリーに乗せます。

こういった、セルフである事が当たり前とされている世界では 人間とは不思議なモンで。 ちょっとしたイベント事のように、楽しくなるんですよね。