• SAC Bros. Company

#20 林業と土木


Hi guys. We finished KAMATAKI.Then we ate YAKITORI tonight. It makes me happy :D どうもこんばんは。motomanです。

沢山の御運びを頂きました寿亭 水雲閣での展示が終わりました。お陰様で、キレた未来に繋げられそうなものを掴む事が出来ました。 さて、一方その頃 島ヶ原では… 陶芸をする為に大工スキルを上げている私ですが この度 さらに手広く。 色々なスキルを上げなくてはならない事態となりました。

私は何処へ向かっているのでしょう。

📷 そもそもは有難いお話から始まりました。 灯油窯の処分に困っている方から相談を受け 頂戴する事にしました。

前面ダブルバーナーの上蓋式です。 灯油窯にしては大きい部類に入るのではないでしょうか。

運び込む前日、現場へ行き 煙突を外し、搬出し易いように片しました。 その時にも 考えられへんな的なエピソードがありまして。

4m の高さの外壁にくっついたところに煙突があり 窓から身を乗り出し、ボルトを触って確認 窓からの距離を鑑みるに いや無理でしょう。という答えしか見い出せませんでしたが 灯油窯欲しさに命を懸けてみる事にしました。

結果 こうしてキーボードを叩けているので良しとしましょう。 細かいとこまで言うとちょっと笑えるのですが、割愛しときましょう。

📷 母屋に向かって東側にある、作業場として使っている離れのさらに東側は このように竹林になっていて、なかなかの傾斜で ちょっとした崖のようになっています。

大阪の作業場を出る事になり、取り敢えず 早急に運びださなくてはならなかった物達は、この場所に積みっぱになっています。 窯を入れる為、キレイに片しました。

📷 通路の最奥には、既に搬入済みの電気窯が置いてあります。

サイズを測ってみた結果、この窯もちょっと動かさなくてはならない事がわかりました。 長い波板が貼ってあり、雨を凌げるので 窯置き場としてはちょうど良かったのですが、灯油窯を新たに置くとなると ひさしの長さが足りません。

さあ いつものノリになってきました。

📷 問題は幾つかあります。

先ず、大事なのは 灯油窯ですから、煙突を設置しなければならないわけですが 天面はプラスチックの波板が貼ってあるので、屋根が無いところまで横に伸ばしてから 空に向けて設置しなくてはなりません。 取り敢えず 最奥にあったトタンの波板を外し、煙突を抜く壁を作らなくてはなりません。 エクスカリバールを手に、破壊しました。

上蓋式で、レバーをころころと回して蓋を開けるタイプのもので そのクルクルが背面に付いています。 後ろ側のスペースも確保せねばなりません。

もうひとつ、大きな問題は 落ち葉が溜まり易い場所である。というところです。 北側に庭木が植わっていますし、東側は竹林の崖がある。という事で 煙突を設置する以上、火事にならぬよう なんぞ対処しなければならないわけです。

庭木は手ノコでサックリと処理しましたが 問題は 竹林の中に数本だけ生えている大木です。 高さは 10m くらいあるのでしょうか。 枝も長く、波板の天井に覆いかぶさっているほどで 落ち葉が降り注いでしまいます。

📷 脚立を立てかけるも、稼げるのはほんの 2m ほどで ここから先をどうしようか。としばし考えましたが 登る他ありません。

忍者のよう 腰に手ノコをくくりつけ、子供の時分以来の木登りです。 この日は風が強く、登れば登るほど… ぐわんぐわんと揺れます。 どこまで登れば事を済ませられるだろうか。とか これ絶対 独りの時にやったらあかんやつやなー とか この日の為にやつれ、身軽になったのは運命かもしれん。とか考えながら 一応 連絡が取れなくなったら竹林を探してくれ。という遺書 ( 仮 ) を送信しときました。

登ってみると 離れの 2階 の屋根が見えました。

下を見てみると、既に 6m ほどの高さがあるようです。 登り始めたところからガクッと崖になっているので 向こう側へと落ちてしまうと… 10m 以上はあるでしょうか。 来年の夏頃まで発見されない気がします。 遺書 ( 仮 ) を送信するという判断は正しかったに違いありません。

これ以上は流石に危険だと判断し、手ノコをあて ひたすらしこしこと切りまくりました。 ただ 風が吹く度に作業を止め、蝉のごとく 木に抱きつきます。

無事に降りられるよう、足場となる枝も確保しておかなくてはなりませんので どの枝をどの長さまで残しておくべきか。を考えつつ ひたすらしこしこと切ります。

📷 陽のあたる方向、この場合 ほとんどの枝が南向きに伸びているので、足場を確保するのが大変でしたが 小一時間で目標を達成する事が出来ました。

あとは無事に降りるだけ。 再び手ノコを腰にさし、枝を長めに切っておいた足場を頼りに歩を進めました。 途中 まるで映画のそれのよう 乗った枝がポッキリと折れ、左手一本で無意識に掴んだ枝にぶら下がる。 という こういう時に誰しもが考える、鉄板ネタやん。というハプニングも ありましたが 初めての ( そして最期であって欲しい ) 林業が終わりました。

大木の表面がハゲている箇所は 私が落下しながら足で挟んで滑った名残です。

📷 お次は土木作業です。

ひさしを伸ばすので、今 設置されている排水溝が意味を成さなくなります。 というか 邪魔になりますので、外す事にしました。

排水溝を外すのにも、エクスカリバールが大活躍してくれました。 王しか持つ事を許されていない伝説の剣は素晴らしい働きです。 排水溝をも簡単に外せました。

📷 さて 最後の問題です。

竹林側は崖になっていますが そこまでは緩やかに下がっているだけなので、地面のレベルとしては 屋根の下から崖まで、そこまでの高低差はありません。 よって 既存の天井のナリで新たな屋根をかぐとなると快適な空間にするための高さが稼げません。

諸々を考えてみた結果、それでも良いか。とも思えましたが アルミの枠で組まれている、現存の屋根をしばし観察してみると ん この屋根… 意外と持ちあげれるんじゃあねえか。という可能性が見えたので 柱と屋根を接いでいる箇所のボルトを外し、カいっぱい持ち上げてみると… 浮きました。

これにより 妥協せずとも、割と簡単に快適に作れる気がしたので やってみようと思います。

📷 その前に 切った枝を処理せねばなりません。 思っていた以上の量でした。 長いものは 4m を超えています。

この日は あたかも映画のような体験をして疲れたので、放置しときました。 手ノコで処理するには手間が掛かり過ぎますねえ。

他に考えている事にも十二分に有用なので 電動ノコギリを導入する時が来たのかもしれん。と考えています。 ノー ・ ブランドのものならホームセンターで 5…円 ほどです。たぶん。

そんなこんなで 作業が少しばかり大げさになってきました。 大工のみならず 林業に土木。と。

私が今 宝くじに当たったなら 最も欲しいものは 薪窯を築く為のレンガではなく

パワーショベルです

0回の閲覧

ヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え活動しているユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
0