• SAC Bros. Company

#33 トモダチ


今日は新しくできたトモダチを紹介してみようと思います。

どうもこんばんは。motomanです。

新しく迎えようと思うトモダチも 2名 ほど居るのですが そのひとつはケータイです。

先日、思い立ってケータイを新しくしたらどうなるか。とショップへ行って見積もってもらうと 今よりも安くなる。という事が判明しました。 もう 随分と長い付き合いではありますが 今ケーとは出来る限り早く、おさらばしようと思います。

さ。そんなわけで 未来のトモダチは置いておいて、ここ最近のトモダチを紹介しましょう。

先ずはハンマードリルです。 コンクリートを " はつる " 為の利器です。 ガハラ ( 私の住む、島ヶ原のポップな言い方です ) のおっちゃんにお借りしました。 彼で何をしたのか。はまた後日という事で。

しかし重いッスわ。

普通は地面に向けて使う物なので、そういった場合はこの重さが活きるわけですが 今回は正しい使い方の出来ない所に使用したので… 言うまでもなく大変でした。

お次は 洗濯機とスレッジハンマーです。

ドラム式なんて贅沢な。という話ですが 物としては意外と古く、確か 2005年製 だったと思うので 11歳 ですね。

入手経路がちょっと特殊で 社会の闇の気にあてられながら、ひと仕事して汗だくになって運びだしてきたので ( ??? ) あまり詳しく書きませんが、とにかくドラム式洗濯機をゲット出来ました。

今までは風呂に入る時、湯船に洗濯物を放り込み これでもかこれでもかと揉み倒してましたが え。踏んだらええんちゃん。 という叱咤激励を頂き、画期的に踏み洗いしてましたが これで未来的な洗濯が可能となりました。

言うまでもありませんが、例によって仮置きです。

スレッジハンマーは せっかくハンマードリルをお借りしておきながら… 帯に短し襷に長し。というやつで ハンマードリルでは仰々しすぎるし、トンカチでは破壊力が足りん。という微妙な箇所があり いつものコメリへ駆け込んで値を見てみる事にしました。

なんとこのスレッジハンマー。 3000円 でお釣りがくる安さ。 見た目のイメージ ・ 破壊力の大きさと値段とを見比べた時 コストパフォーマンス的な何かが何となく良過ぎる感に捕らわれちゃいまして。

男性ならではの感覚かもしれませんが ソファは黒い革張りのものであるべきだ。 足下にアイアン感があればなお良し。 一家にひとつは持っておくべきだろう。 という感覚で 私もスレッジハンマーを一家に一本、置いておく事にしました。

おそらく いえ 間違いなく… 大工という家事が終われば二度と使う事は無いでしょう。

お次のトモダチは生きてます。 白メダカ達です。

家を片付けていた時に立派な石臼が出てきたので あれは初夏だったでしょうか。 4名 のメダカが放たれました。

卵を幾つか産み、小さな赤ちゃんが居ましたが 自然の摂理を優先してみよう。 メダカ愛を信じてみよう。と放置していると 産んだ張本人が自らパクついたみたいで、数日後には赤ちゃんの姿が消えました。 その後 帰阪している間に親達の姿もキレイに消え去りました。 どこを捜しても死体が見つからなかったところが恐ろしいところです。

うちは色々な動物が見られる ( 出逢ってしまう ) ところで ライトなもので言うとネコからイタチ、タヌキあたりでしょうか。 きっとネコにでも食われたんだろう… 南無。と それはさて置き別れを告げ 新兵 4名 を放ちました。

が 季節の変わり目とあってか、死亡まで最速記録をマークしてしまいました。 卵を産むまでにも至らず、またも… 白メダカ量産転売ウッハー計画は破綻しました。

そして新たな猛者 4名 。 卵も十数個確認。よろしくやっているようで メダカ愛に裏切られた過去を活かし、今回はきちんと隔離する事となりました。

ガハラの寒さに耐えられるのか… ?

私は無理です。

最後のトモダチがこちら。

もうかれこれ十数年の付き合いですが、正しく使用したのは… ほんの数ヶ月。 実家のクローゼットでお蔵入りしていたものです。 当時はグロックが流行っていたのですが、シンプル過ぎるデザインがイマイチで とは言えベレッタは既に持っていたので、お財布の中身の都合でこの子になりました。 ワルサーP99 です。

007 でジェームズ・ボンドが マトリックスでモーフィアスが使っていたアレで ルパン三世の P38 の後続機種です。

サイレンサーとフラッシュライトがセットでこの値段 ! と何故か異様に安かったので これは是非… 男として一家に一丁。と買っておいたものです。 アイアン感もあります。 しかありません。

何故 このトモダチをわざわざ引っ張りだして来たのかと言うと 色々あって長くなるのでまた次の機会。としますが 久々に撃ってみるとなかなか楽しかったです。

そんなわけで 冬を迎えるにあたり 着々と、しかし地味ながら… 生活が快適になってきました。

私が最も欲しいトモダチは 言うまでもなく 薪ストーブです

3回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0