• SAC Bros. Company

#34 Kappa


人って変わるもんですね。 悲喜交交を日々、体感していると 精神に影響をきたします。

( 当人調べ )

どうもこんばんは。motomanです。

晩夏の台風が来るまでに何とかしないと… と思っていた裏手の屋根ですが 未だ修繕できてません。 水は低きに流るるよう、施主が私である限り 至極 当然の事です。

以前はここまで。でした。 もういつの事だったか忘れましたが、大型台風接近中の報を受け 必至こいて板貼りを進めました。

精度なんてあったモンじゃあありません。 いかに短時間でいかに広い面積をカバー出来るか。 俗に言う… やっつけ仕事というやつです。 何故なら 前にも言いましたが この下、すぐにリビングなんです。

夕立ちで家屋が浸水。 とか笑えません。

角の処理がどうしようもありません。 ふにゃふにゃに歪んでいるし、角の瓦を外してしまうわけにもいきません。 この後の作業を考え、しっかりとやっておかなければならない重要なところですが 無理です。 頭の電池切れました。

だいたいでやりました。 後に困る事、必至です。

タイミング的にギリギリでした。 ルーフィングという、いわゆる防水シートをいつものコメリで調べてみると まぁ 手の出る値段だったので、 50m 買いました。 クソ重かったです。

タッカーは元々 持っていたものがあったので、小雨に降られながらバチバチ打ちまくりました。 ポスターを貼り付けたりキャンバスを打ち付けたりする、ホチキスみたいなもんですね。

このタッカーの芯がややこしいやっちゃで、形状はホチキスの芯と同じようなものなんですが いつものコメリに見に行くと 幅が一種類で長さ ( 高さ ) が 2タイプ しかなかったので、目測で絶対こっちやろ。とチョイスしたんですが いざ使おうとすると… 幅が合いません。

いや 確かにタッカーを持参して行くべきかな。と頭をよぎったに関わらず 手ぶらで買いに行ったのは俺の落ち度としてもや。 高さのチョイスミスはええとして、幅が合わんってどういう事やねん。 あえての 2mm の差は付加価値やないぞ。 そこズラす事でしか個性出されへんのか。 規格統一せぇへん理由を小膝突き合わせて教えてくれ。 と思いました。 心から。

しかも 家にあるかもしれんから。これどや ? と、わざわざ先輩が持ってきてくれた芯。 高さは良いけど幅が合わん。という。 イ”~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ってなりました。

芯に合わせて本体を買い直すとかほんま… ○○○○○○○やんけ。と思いながら イライラ感いっぱいでいつものコメリへ行き、最も安いタッカーを見てみると なかなかの値段しよるんです。

最安値で 1000円 プロ仕様で 10000円 まじか。幅あり過ぎやん。 10000円 のホチキス存在する説まで出てきた。とか考えながらも ちょうど帰阪するタイミング。 施工出来るのが先だったので、無駄足を踏む事にしました。

と言うのも 私の記憶が正しければ、持ってるタッカーは 100均 で 300円 で買ったものなんです。 言うて 1000円 ですが、庶民の知恵というやつです。 どうせルーフィングを貼る以外、今後の使い道もほとんど無いでしょうから。 とは言え、品揃えの豊富な大きなところへ行かないと まず工具コーナーが小さいし、ましてタッカーなどありません。

ところが 仕事で奈良へ行った際、目に付いた 100均 へ寄ってみると… 全く同タイプ色違いのタッカーがあり、その足下に何と 芯が置いてあったのです。

まじか。俺 今ノッてるかもしれん。とテンションうなぎのぼり どう考えても必要無いのに、一緒に居たメガネくんの脅しにビビり 1200発 購入する事にしました。 すぐ傍に置いてあった同タイプのものの説明を読み、間違いない芯をようやくゲット出来る事となったのです。

ついに来た施工のタイミング、またも小雨に降られながらバチバチ気持ち良く打っていると芯切れ。 リロードか。芯なら 1200発 ある…ッ 手際良く充填、続きを打とうとしましたが

芯が出まへん。

うそやろ。 1200発 あるんやで 俺は今日、タッカーを使ってそれに適合しまくってる芯を打つ気満々なんやで ? 何度も抜き差ししてみましたが… バチン音だけ立派。 あの音を文字にするならば、必ず " バチン。 " と 句点で締めくくりたくなるほどの小気味良い音が鳴るだけで 肝心の芯が打てないおもちゃと化しました。

文章に出来ない汚い言葉を吐き、私の上がっていたテンションはそのまま怒りと憎しみに転化される事となりました。

結局 いつものコメリでタッカー本体を購入。 ルーフィングを再び貼り始めました。 前に間違えて買った芯が使えるのは有難い事ですが 逆に 1200発 の芯と鳴り物タッカーが残る事となりました。

新たに買ったタッカーを虚しい心持ちで使っていると、すぐにリロードのタイミング。 手際良く充填。 出ない。

???

タッカーってたぶん

耳かき ハサミ タッカー ピアノ エンジン

くらいだと思うんです。 構造の難しいっぽいランキングの話です。

なんだかんだ冷静になり、ゴニョゴニョしてみると… 打てるようになりました。

あ じゃあ あの鳴り物も ?

打てました。

若干のサビがきていてアレなのはありましたが 冷静になれば直せる範疇でした。

これで 1200発 の芯も無駄にならずに済む。ヤッピー と喜ぶべきか 自分のアホさを呪うべきか。 間違いなく後者でしょうけれど

最後に行き着いた先は

タッカー買ったらタカタッカー

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0