• SAC Bros. Company


自分が目指すものは、とんでもなく遠くに在るようで…自分の中に在るようで。

自然に摂理があるように 物事に理屈があるように 孤人に持論があるように ものの形は 「確たる理由」 の上に成り立っているもので。

ヒトのジンセイというものは、繰り返し繰り返し。 「確たるもの」 を探す試練のように思える。

生まれたからには、そういうものをできるだけ多く。 見つけてみたい。 普段目につくものに隠れているヒントや、 答えそのものなんかを、 見逃さず、自分のものとして形に反映できるように。

そのためには、自分が自分であってはならない気がしないでもなし。 とどのつまり、ヒトがつくる形はヒトが作ったものではあってはならない気がしないでもなし。

Not equal

閲覧数:3回0件のコメント