• SAC Bros. Company

#6 ふしぎ発見


明日… じゃなくて今。 私は伊賀へ破壊活動をしに戻っている事でしょう。 またしばらく大阪へは帰らないので、ブログ自動更新機能ってやつをフルに使ってみます。

たぶん今頃 ちょっと未来の私、楽しい宴の最中だと思います。

どうもこんばんは。motomanです。

さて。 伊賀の話の続きでも。

破壊すればするほど、買わなくてはならない建材の量が増えるし 廃材を運び出して処理しに行く時間も掛かるし 大工仕事に費やす時間も天井知らずに増えるので 当初は 現状維持でそれなりにリフォームし、おいおい手をかけていこう。と思ってましたが 私の性格上、やはりそれは出来ませんでした。

一度 荷物を配置したが最後 やる気が起こらなくなると思うんです。 しかも何と言うか 梁や天井も立派やし、もったいないんですよね。 古民家に住むと決まった以上、その魅力は発揮させたいし リフォームじゃなくてリノベーションする。と決めた以上、とことんまで破壊してからの方が 後々の大工仕事がやり易くなる。という事もあって やるなら今 ! とことんまで ! という事で腹くくりました。

しかし 10 ・ 11月 は予定が立て込んでいるので 9月中 が勝負 ! という無茶な話です。

プロの大工さん二人がかりでも… 厳しいんじゃあないか ?

ダイニングキッチンにしようと思っている、この家の核となる部屋 元々は土間で竈と囲炉裏があったであろう場所で、今ある床は後から増設されたもので 何度か手直ししたのか、間仕切りを境に高さが違っていたりします。

別にええっちゃーええんですが、人が集まってくつろげる場所。というコンセプトで挑んでいるので ここだけは手を抜けません。 継ぎ足しで誤魔化せる範疇ではありますが、全てはぎ倒してやる事にしました。 床下の換気状態もチェックしておかなくては怖いですし 床が二重、三重になっている謎なところもあるので ヘタすりゃあ白アリさんが喜んでしまう結果を招いてしまいます。

先日は 壁をやぶった先から扉やら… でっけー電池が出てきたり。と色々ありましたが 床をはいで床が出てくる。ちゅーのも新鮮です。

サルにらっきょうを与えると、皮だと思って全部むいてしまう。なんて話がありますが わしゃサルやありまへんで。 サル年生まれですけれども。

一度キレイに掃除し、足場を確保して ケガのないよう、気持ちもリセットです。

一段上がったところもはいでみました。

梁に謎な金具が取り付いていて、これは何だろう。と思っていた謎が解けました。 囲炉裏に鍋をかける為の、いわゆる自在鉤ってやつだったんでしょうね。

なるほど 熱がもれにくいよう、石で壁を作っているんですね。 こういう発見が色々あるのも、古民家リノベーションの楽しみってやつでしょうか。

その床下から、またも謎なものが出てきました。

最初は遠目から見て 梅干しか味噌かぬか漬けか。とか想像してましたが よくよく見てみると 素焼きっぽい容器でフタがついてます。

ピンと来られた方、おそらく正解です。 私もそう思います。

この翌日、生駒から中尾くんが手伝いに来てくれる予定だったので そっとしておきました。

彼に開けてみてもらおうと思います。

絶対アレやで…

1回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート