• SAC Bros. Company

一日、ひとつだけ賢くなる

最終更新: 2月29日

ご近所さんの土地だと思っていたところが

実はうちの土地である線が濃厚になってきました。


どうもこんばんは。

motomanです。


えー 冒頭の通り

ひょんな事からそういった話が見えてきたので

近々、確認してみようと思います。


もし 本当にうちの土地ならば、激アツなんですよね。



それはそうと

待ちに待った晴れの日でしたが、今日もあまり時間が取れず。

出来るだけ進める事にしました。


土蔵の前の門みたいなやつ、前とは逆側

基準にした柱の梁と、水糸で繋ぎました。


長さが足りなかったので、適当な板で延長してます。



電線が飛び交って もう… 何が何やらわかりませんが

端材の柱に適当な板を貼ったものを使い

束石から水糸までの距離を測ります。だいたいです。


いっちばん最初、基礎をやる時

束石の高さをキッチリと水平に揃えるか、今やってるよう

屋根の勾配に合わせ、柱の長さで辻褄を合わせるか悩みました。


土地の高低差があり過ぎた為、後者にしたわけですが

なるほど

束石の高さを水平に合わせる重要性と言いますか

優れた点が体験できました。


またひとつ賢くなりました。

これもDIYの良きところです。


か?



先日 張った水糸と、今日張った水糸を見てみるに

だいたい平行っぽくなっているニュアンスだったので

だいたい合っているのでしょう。



想像とは裏腹に

束石の上に3m近い柱を立ててみても、何となく自立してくれているので

今後も独りで作業を進められそうです。

よかった。


取り敢えず

これから全ての束石に、屋根の勾配に準ずる水糸の高さの柱を立て

それらに梁を取り付け、骨組みを完成させるのが目標です。


前にも書いたよう、羽子板に柱を打ち付けると

変にテンションがかかり、自立しない柱も出てきます。

そういった場合、適当な端材を支えにしているのですが

柱は垂直に立っていてもらわないと困ります。


そこで下げ振りを垂らし、まずはひとつ。

X軸とY軸方向に

垂直のきっちりと取れた柱を決めました。



前回の作業で、先に梁を渡していたのはこの為で

下げ振りと指金を使い、端から順に見て行く事にしました。

筋交いの役割を果たしているものが未だ無いので

X軸方向を固定しても、Y軸方向には動く状態にあります。


渡した梁の一方、角になる部分はしっかりと固定し

その逆側は、垂直を見ながら微調整をします。


自立させる為の支えが役に立ちました。

こいつを上から叩けば、この柱は左へ押される事になるので

ちまちまと調整しバシッと決まったところで



適当な端材を打ち付け、固定しました。


奥・真ん中・手前で柱の高さが違うので補強L字金具で固定する事が出来ません。

最終仕上げもこんな感じにするつもりですが

取り敢えずの仮の固定具として、今は適当に。



陽が暮れたので終了。


あと2本、梁を渡したかったなァ。


結局のところ

束石の位置も結構ズレていたし、まあ こんなもんかな。って感じなので

柱同士の間隔が4区画とも、バシッとキレイにはいきませんが

私の勘ピューターによると

梁の位置で地味に調整できるはずなので

まあ

水平・垂直がそれなりに取れていれば良いかな。ってところです。


手こずった束石の設置も終わり

やっと骨組みつくりに取り掛かれたので、楽しくなってきました。

これからの作業は進めば進むほど、形となって実際に見えてくるので


んー


楽しい。

と言うより

嬉しい。



今週の平日は晴れが続くようなのでうきうきしてます。


といったところでここはひとつ


51回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート