• SAC Bros. Company

一日、ひとつだけ賢くなる

更新日:2020年2月29日

ご近所さんの土地だと思っていたところが

実はうちの土地である線が濃厚になってきました。


どうもこんばんは。

motomanです。


えー 冒頭の通り

ひょんな事からそういった話が見えてきたので

近々、確認してみようと思います。


もし 本当にうちの土地ならば、激アツなんですよね。



それはそうと

待ちに待った晴れの日でしたが、今日もあまり時間が取れず。

出来るだけ進める事にしました。


土蔵の前の門みたいなやつ、前とは逆側

基準にした柱の梁と、水糸で繋ぎました。


長さが足りなかったので、適当な板で延長してます。



電線が飛び交って もう… 何が何やらわかりませんが

端材の柱に適当な板を貼ったものを使い

束石から水糸までの距離を測ります。だいたいです。


いっちばん最初、基礎をやる時

束石の高さをキッチリと水平に揃えるか、今やってるよう

屋根の勾配に合わせ、柱の長さで辻褄を合わせるか悩みました。


土地の高低差があり過ぎた為、後者にしたわけですが

なるほど

束石の高さを水平に合わせる重要性と言いますか

優れた点が体験できました。