• SAC Bros. Company

9_505


今こんなに寒いとなると、来月には凍てついてしまいそうです。

どうもこんばんは。motomanです。

先日、来る3月のグループ展の打ち合わせに行ってきました。 予定の場所へ行くも誰もおらず。 仕方無しに喫煙場所へ戻り、寒空の下…煙をくゆらす事10分。 ポンポンが痛くなったので、うんこをひねり出しているところ…MOCHIBEから電話があり。

私が部屋を間違えていたようです。 失礼しました。 と…正しい待ち合わせ場所へ行くと、皆様勢ぞろいで… 失礼しました。

今回のグループ展はMOCHIBEが陣頭指揮を執るもので、 その内容・メンツが、普通のグループ展のそれと、なかなかに変わっています。 メンバーそれぞれの持つ技術が 絵画 染色 陶芸 工学 となっておりまして。

やはり異色と思えるのは工学でしょう。 正直、私も打ち合わせに行くまでは…具体的にどのような事ができるのかが よくわかっていませんでしたが、聞けばなるほど。 おもしろい試みができそうです。

メンバーも、私達のような駆け出しで制作活動をしている者もおれば、 工学系を担当してくださるのは、その分野でそれぞれ著名な教授陣なので… いささか緊張しないでもない(その教授陣をお待たせし、うんこしていたわけですが…)ですが、先生方もこういった試みは初めてだという事で。 お互いがお互いの技術を持ち寄り、新たな表現方法を模索する会として、 このグループを9_505と名付けました。

今回の打ち合わせは顔合わせが主な目的でした。 んが、これ以降、会期までにまた全員が揃う場所を設ける事は難しいでしょう。 今回の展示は、染色のhorikoさんと私のモノが軸となるので… なかなかのプレッシャーがかかりますが、いっちょやらせてもらいます。

諸先生方、先日はおもしろい話を聞かせていただきました。 3月のグループ展に向け、何かとご迷惑をおかけする事もあるかと思いますが、 より良いものにできるよう、精進してまいります。 どうぞ宜しくお願い致しますよ。っと。

私の担当する陶磁器は、おおよそのかたちは決まりました。 あとは色味や大きさを確認しつつ、徐々に完成へ向かおうと思っています。 とりあえず今日の削りで、大皿・大鉢・フタものが結構な数になりました。 近々本焼きに入り、写真ではありますがメンバーに見てもらい、 グループ展全体の構想をかためていければよいな。と思っています。

試作を含め、ココでも随時紹介していきますので。 感想などありましたら、ズバズバと言っていただければ幸いです。

といったところでここはひとつ

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0