• SAC Bros. Company

つちもの


気付けば…12月も終わってしまいそうです。

どうもこんばんは。motomanです。

年の瀬という事もあってか 祝日という事もあってか いつもは賑わっている教室も…午前中に来た生徒さんはたったの2人。 アイヤー コレ キット ヒマ アルネ と思っていましたが、お昼過ぎからはパラパラといらっしゃいました。 が、皆さんお忙しいようで… いつもなら17時ギリギリまで作業していますが 何かに追われるようにパラパラと帰って行きました。

喜楽歩のアルバイトになって、はや1ヶ月 ( たぶん… ) 個展や何やかんやとかぶっており、なかなかアレでしたが ようやく今日。 喜楽歩でバイトが終わってから作業する事ができました。

SAV では半磁土を使っているので、喜楽歩では土物を作ろう。と心に決めていました。

色々な事をやってみないと…わからない事も沢山あるだろうし 何より 気付かない事があるかもしれない。と考えると もったいのうてもったいのうて…

で、土物を水挽きしよう。と思ったわけですが んん 粘土も多様なので…何を使ってみようか…迷いました。

白土 赤土 黒土 泉州土

このあたりが喜楽歩で主に使っている土です。 細目・荒目と、さらに細分化されますし 焼成方法も 酸化 還元 とあります。

とりあえず前々から興味のあった、粉引きをやってみよう。と 色々と悩んだ結果、私がチョイスしたのは…黒土です。

八田さんが以前作った物を見せてもらったところ、 頭の中でビビっときたものがあったので…というだけの理由です。なんかすんません。

前に編み出した…新しい鎬と黒土と白化粧。そして粉引き。 この4つの要素を用い、イカした物を作りたいと思います。

とりあえず黒土の感触を確かめるべく、色々な形状を模索してみました。 これは大きめの丼です。 鎬を入れると言いながら…土を挽くのが楽しくて ( 思い返せば…ここ最近ずっと半磁ばかりだったので…真面目に土物を挽いたのは、学生の頃以来かもしれません ) ついつい薄作りにしてしまいました。

そして 恒例になりつつある? なんぞこれ。 余った土で…また花器を作りました。

いやあ。 土は楽しいですねえ。 いざ土を挽いてみると、半磁との違いがよくわかります。 肩肘を張らなくて良いと言いますか…懐が広いですね。

最初に碗を成形した時、 どれだけ粘るんだろう?と、水を一切使わずに いささか強引に挽いてみましたが、粘ること粘ること。 半磁なら絶対にタレるような力の入れ具合でも、形が立ちます。

結局、土殺しをしてから穴を開け 筒上げのところで1度だけ水をほんの少し使うだけで その後は、成形が終わるまで水を1滴も使わずに挽き終える事ができました。

外国の方は片手にスポンジを常に持っていて 内も外も水でベタベタにしながら挽く方が大半のようですが、 日本では何故か…水はあまり使わずに。と教えられます。

結局は…乾燥時に底が切れなければ…挽き易い方法で 自分に合った方法で良いと思うのですが 私は…水をつけるのがあまり好みません。 ドベはよく使いますが、うん…何なんでしょうねえ。

水はあまり使わない方が良い。と教えられたから。というだけかもしれません。 まあ…水をつけすぎるとタレ易くなる。というのはありますし 水をなるべく使わない方が良い。と言われると そうか。ならば限界まで使わないように挽いてやろう。という 一種の挑戦心のようなものがあるだけかもしれません。

そんなこんなで、土物の第一歩は…手応えのある感じでした。 毎週 木・金はアルバイトなので 仕事が終わってから土を挽きまくろうと思いマス

0回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート