• SAC Bros. Company

とことん


もう。 冬の足音が聞こえますねえ。 怖いですねえ。

どうもこんばんは。motomanです。

今日も普限窯へ行って来ました。 昼過ぎには天見へ行き、久々に制作する時間が取れると思ってましたが そうはいきませんで。

後は焚くだけやで的な事を先日書いたばかりですが 改めて 後は焚くだけです。 準備が整いました。

胴木の火床に置いた ローレンスの茶盌がどうしても気になり 若干 レイアウトを変えました。 また 燠でかなり押される事を予想して貝を当てましたが さらにがっつりと補強しておきました。

とことん準備。です。

一の間 ・ 胴木のフタを組みました。

今回は一の間の全てを一任されている。といった事を書きましたが やれるだけの事はしたつもりです。 私の事なので、見落としがあるかもしれませんが 何度も頭で確認したので大丈夫です。 たぶん。

準備 OK です。

今回の一の間は低温焼成で焼締めを狙っている。といった事も書いた気がしますが 温度計表示で 1180℃ 、あとは炎の色 色味の引出しとテカり具合で火止めしようと思ってます。 今後の参考となるよう、オルトンも入れておきました。

耐熱材と石膏ボードを貼ってあるのは、小山さんの案で 横挿しをする際、熱さによる焚き手の負荷が少しでも減るように。との事ですが それより 多少でも蓄熱し易くなるんじゃあないか。との個人的な予想があり そっちの方が楽しみです。

石膏ボードの表面の紙が燃えてしまいそうですが まあ どうとでもなるでしょう。

その後、すぐ横手の土手を切り崩すと 沢山のカブトムシの幼虫であろう子達が穫れました。

貴重なタンパク源です。

窯焚き時のおやつも準備 OK です。