• SAC Bros. Company

ひと段落


いかん。いかんよ。

どうもこんばんは。motomanです。

ようやくひと段落つけてやりました。 いやー体調が芳しくないですなあ。

よって 色々と感じた事の多い日でしたが、サラッといきます。

朝起きて頭も身体も重く、今日 必ずやらなければならない事は てんすけさんにお願いして焼かせてもらった、本焼きの窯出し SAV での素焼き窯出し 本焼き窯入れ ・ 焼成開始 の 3点 のみだったので

ああー ちょっと風呂にでも浸かろうかなー。っと湯船でボーッとしていると 鳥さんから、昼から夕方まで時間取れるわ。という連絡があったので 📷急遽、ギャラリィ巡りをする事にしました。

体調がよろしくない時に、時間を有効活用する為にギャラリィ巡りに充てる。という いささか相手に失礼な気がしなくもないですが、まあ…私なりの時間の使い方です。 スミマセン。

ギャラリー白3で開催中の " かのう たかお展 " を観に行きました。 良い刺激をもらいましたねえ。 Twitter でほぼ毎日在廊している。と仰っていたので、夏のイケヤン以来。 会えるのを楽しみにしていたのですが、残念ながら都合がつかなかったようで。

作品を観て、色々と聞きたい事があったんですが それはまたお会いした時に。という事で。

白で開催していた " 松本 治幸展 " も面白かったです。 立体の裂け目に、釉が糸を引いたかのような箇所があり 興味深かったです。

その後 アートサロン山木に寄りました。 何が開催されているのかは調べて行かなかったのですが " 下 和弘 THE WILD LIFE " という個展中で これが…ものすごかったです。

日本人離れしたデザインセンスと言いますか。 個人的嗜好で言うと、カップ & ソーサーがとても気に入りましたが 構想から制作完了まで… 5ヶ月 を要したという、棗シリーズの仕事っぷりが圧巻でした。

お金があれば…カップ欲しかったなァ。 鳥さんも痛く気に入っていたので…是非 買って下さい。 そして使わせて下さい。 📷その後 wad にて開催中の " 平岡 仁 x 阪本 健 2人展 " を観に行きました。 📷落ち着いた大人の男の魅力。っと言いましょうか。 黒が渋かったわぁ…

個人的なアレで言うと 仁さんの壁掛け、ケンさんの茶碗が素敵でしたね。 抹茶碗と水差も格好良かったです。

私が作るものは、観る人にどういう印象を与えているんでしょうかねえ ?? 📷その後てんすけさんの工房へお邪魔し、窯出し。 明日 搬入するブツなので…チラリズムです。

最近アレしている水差ですね。 肩と腰に金味を出したい。と思ってアレしたら、バッチリ出ました。 この釉の扱いは…ほぼマスターしたと言って良いかもしれません。

フタは例によってちょっとアレでしたが カッとこじるとカッとキレイに外れました ^^ 📷SAV へ行き、素焼き窯出し。 ヤスリをかけて最終処理をし、撥水剤を塗布しました。

パーツが多いので…どれがどれで、どれのどこに撥水剤を塗らなければならないのか。 重たい頭ではよくわかりませんでした。 📷結果から言うと、 1つ ミスりました。 が そのままいってやりました。

…ドンマイ。 📷入れたいものは結構あったんですが、まあ優先順位を決めて窯の容積を考えるとですね。 ちょろっと入れられないものが出てきたので、今回の抹茶碗はこの 2つ に絞りました。

ゴツゴツしたやつも入れたかったんですが、あれは 1000% 棚板が大変な事になるので センベイを作り直してからにシマス。

もちろんどっちも楽しみなんですけれど、左の方がワクワク感が高いですねえ。 内へ垂らした黒い釉薬がキモです。 思った通りになれば良いなァ。 📷先日 紹介したフタもの達も全て釉薬を掛け、窯詰め終了。 ビグザムも無事に塗布し終え、ただでさえ小さい窯の中ででけえ面してやがります。

スイッチを入れて帰宅しました。

結局 4時 までかかった。っていう…ね。 眠。

でもまあ 色々観に行けて良かったです。 無事に窯詰めも終わりましたし。 あとは

もう知らん。

フタを開けて私がフリーズしてしまわないよう 無事に焼けて下さい。

今日は搬入へ行ってきまーす

0回の閲覧

ヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え活動しているユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
0