• SAC Bros. Company

ゲテモノ


喜楽歩での仕事を終え、釉薬を掛けていたら遅くなり ああ。 晩飯はビアだけにしよう。と、思いつつ帰宅。

台所に置いてあった、おかんの書置きを見ると 「 カレースパあります 」 冷麺はじめました的なノリでしょうか。

スパゲティは大好物であるし カレーも好きではあるんですが この組み合わせは結構ヘヴィだぜ。と思いながらも 冷蔵庫から取り出してみると ジェノベーゼなんかによく使う、ほっそいパスタでした。

おかんが昔、 1度 だけ作って家族を閉口させた カレーそうめんを思い出しました。

どうもこんばんは。motomanです。

そんなわけで、釉薬を掛けてきました。

花器とフタもの達です。 ちょっと掛け方を工夫してみたんですが、結果はどうでしょう。

個人的には、一番手前の てゅるん。 とした花器が楽しみです。

フタを受ける、キィには 今回初めて、透明釉を使ってみたり 掛けたり…掛けなかったり…撥水剤で飛ばしたり…微妙に飛ばし切らなかったり…と 色々です。

うまくフタがバッシリと合えば、 金キラのフタものが並べられるので…頼みます。

ちょっと思うところがあり、新作を作ってみました。 タンブラー達です。

使った釉薬は、新たな 2種類 。 どう出るでしょうね。

さて。 ここからゲテモノ達です…

主だったところでは、鉄系が多いですかねえ。

予想が出来なさ過ぎて、逆に気楽なモンです。

良い物が取れればみっけモン。 まあ…テストピースみたいなもんですね。

100角 タイルくらいのサイズのテストピースを使っていたんですが やっぱり平面と立体は全然違いますよねえ?

そう思う私は、ぶっつけ本番で色んな釉薬を掛け 物自体をテストピースと言いますか 等身大の試作としています。

次の窯出しは…波乱を呼びそうデス

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0