• SAC Bros. Company

一目惚れ


翻訳サイトで " 一目惚れ " と検索してみたら " Love at first sight " と出ました。 ああ、なるほど。

ついでに、兼ねてから気になっていた事。 ロシアの屈強な精鋭部隊が、 " ポニョ " と…かわゆい単語を連呼するのは…どういったおちゃらけなんだい ? と、調べてみると " 了解 ・ わかりました " という意味でした。 ああ…ポニョ。

どうもこんばんは。motomanです。

先日の DAN T"EA 会場へ到着した際、お客様はもとより 出品している作家さんと着接お話が出来る貴重な時間でもあり。 人付き合いの苦手な私にとっては…緊張する瞬間とも言えます。

会場でお会いできたのは、 3名 の陶芸家。 会場入りして先ずお会いしたのが、小野 穣さんでした。

※ 画像は茶の湯チャリティー LOVE より拝借してきました

この方がものすごくてですね。 何がアレかって、物腰柔らかく…言葉遣いもとても丁寧で そして、私の中での第一印象が え。和製オーランド ・ ブルームやん。 っていう。

英語とかサラッと話せそうな、どこかアッチらへんの国の香りがする御仁でした。 爽やかやわあ。 アンコウも捌けます。って仰られるんじゃあないか。ってくらい 何か器用さを感じましたね。

作風も様々で、銅を主体にした奇麗な青の釉薬を使ったものがあったり この写真のよう、内にも外にも飛び鉋を施したものや 十字架を象ったものを貼り付けている抹茶碗もありました。

当然ながら調合の比率は違いますが、私と同じ 金ピカの釉薬をかけているものもありました。 印象通り、器用な方なんだろうな。と、ほぼ確信に近いものを感じましたね。

色々な話をして下さり、大変楽しかったです。

次に会場へいらっしゃったのが、伊勢 貴俊さんです。

言わずと知れた、 25歳 にして売れっ子という ノリノリの作家さんです。

釉薬の垂れた感じを筆塗りで意図的に行う事で、生まれる面白さを表現してらっしゃいます。

見るからに、デザイン出身です。といった印象を受けました。 事実、彼は ID ( インダストリアル ・ デザイン ) 出身です。 何でこう… デザインしてはる方は、見た目が柔らかく…清潔感があり シュッとした雰囲気を醸してはるんですかねえ。

私もそうありたいモンです。 彼の公式ホームページもとてもオシャレなので、ググってみて下さい。