• SAC Bros. Company

一目惚れ


今更感に押し流されてしまいそうですが スケジュールを書き込む手帳を買いました。 時期はずれだったので安かったです。 ヤッピー

どうもこんばんは。motomanです。

先日、一目惚れしました。 なんとなくフラフラと立ち寄った店で、私好みのダウン・ベストがあり 試着するだけなら…ロハだぜ!と、裾や袖口に粘土のついた服の上に羽織ってみました。

私にとってはよくある事なのですが、 どうも女性用に作られた服の方が…好みに合う事が多く ジャケットのみならず、パンツ ( 下着ではなく…ズボンですヨ ) なんかも女性用を購入する事があります。 おそらく…ラインの違いでしょうねえ。

男性用はどうも…今一歩。といった感じで 雰囲気は悪くないんですが、不要だと思える装飾がなされている場合が多い気がします。 その点、女性用はシンプルな物が多いように思います。 そこらへんの違いが、私の目を惹くのでしょう。

これは女性用ですが、線が細い方なら充分着られると思いますよ。と店員さん。 羽織ってみると、私のために作られたかのごとく…一体感がありました。 だがしかし セール中!と書いているわりに、値札のついていない物が多かったので コレなんぼですか?と問うと 3万です^^ お安いですよ^^ と言われてしまいました。

3万。 3万と言うと…茶碗で換算すると…いくつ売らなければならないのか…と 物を買う時、何故か茶碗換算してしまいます。 高けえなあ…と思うと同時に、もう1つ頭をよぎったのが 窯です。

年末に喜楽歩で穴窯の当番をした時、岸和田の小山さんと一緒になり 楽焼を少し、教えてもらいました。 それがとても面白く…七輪型の窯で焼成したのですが 面白いですねえ。この窯なんぼぐらいするんですか?と問うと 3万やねえ。 と言われました。 こんなに面白い窯が3万だと…安い。 と思いました。

今年の目標の1つに、なるべく多くの人と出会えるようなところへ出て行こう。というものがあり 自分が美しいと思う物を作っているわけですから 全ては美に通じ…1つの審美感は全てに通ずるわけですから… 服装1つ取っても、おざなりにできないなあ。と思っていたところ ダウン・ジャケットとの出会いがあり 同じ値段の窯との出会いがあり… しかし財布の厚みはミクロンにさしかかりそうで。

そんなもん 将来の自分に対しての先行投資さ!と思える気概のある人なら良かったんですが 3万あれば粘土がどれだけ買えるだろう…と考えてしまい どうしよっかなーなんて思いながら TV を見ていました。

キングコングのあるコトないコトという番組で あるテーマに沿い、こんな事があるらしい。といった事を言い合い その場でその真偽を確認する。といった趣旨で その真偽を確かめる、ウラドリガールというアシスタントが出てくるんですが。 ウラドリガール1号の LISSA という女性。

一目惚れしました^^; あるコトないコトを確認したところ… … … … あるコトでした!と リトルみのもんたを彷彿させるタメがあるのですが その時の表情が…たまりません。 微妙な眉や目尻、頬や口角の動きで これだけ多彩な表情を作れる人は これまでに3人くらいしか会った事がありません。

…3万をスッと出せない私。 お付き合い願えないでしょうか…

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

2019

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0