陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

仕事納め


一般的なウォシュレットの場合 出す → 洗う → 拭く → 流す という流れを経るわけですが ガハラの家のトイレは汲み取り式の 超がつくほどの簡易便器なので、大きな方をした場合 出す → 拭く というシンプルな工程でキレイなものを産み落とせます。

しかしながら あまりにシンプル過ぎて、どことなく やり切って無い感と言いますか 不十分さに苛まれ、何か大きな過ちを犯しているのではないかと 猜疑心ばかりが大きくなります。 例えば 尻を拭き忘れているんじゃあないか。と気になり 便器を振り返って 2秒間 ほどしっかりと考えなければなりません。

最初はそんな感じでしたが、慣れてくると " 流す " という、一般的には最も大事だと言える工程が無い事が 正々堂々と悪い事をしているような感覚になり 徐々に快感へと変わりました。

けれど 日本の誇るべき技術によって生まれたウォシュレットというものの有り難さは計り知れず 実家でウォシュレットを使うと こんなに素晴らしいものが当たり前に使えて良いものか。 と罪悪感を覚えるほどです。

ウォシュレットが無い時代は何ともなかったのに 便意だけは常に快調な私の菊門は 日々の拭き取りにちょっとお疲れ気味なようで 私以上に ウォシュレットの有り難さを感じているようです。

どうもこんばんは。motomanです。

昨日 仕事納めでした。

毎年 年末はこれが仕事納めになります。 普限窯の窯詰めです。

伊賀での仕事納めは 窯詰めに向けてこの人達を作った事です。

これらを普限窯に詰めてきました。

ちょっとワケあり。ってやつで 今回の窯詰めは 窯主の小山さんと相談しつつ、プランを決め 詰める作業は全てやらせて頂きました。

非常に勉強になりました。

今回はこのような感じでいきます。

いつも火床で狙う、窯変抹茶碗。 今回は 2つ 。

なかなかタイトな場所に伏せてあります。

もちろんリスクが高いところなのですが このあたりに置いておかないと、狙っている窯変が獲れません。

あとは焚き方で どこまで狙いに近付けられるか。 という話です。

窯詰めをしながら ついでっちゃーアレですが こんなもの野焼きして遊びました。

焦げ過ぎました。

毎回 1月焼成 は 10日間 焚き続ける、長期焼成になるので 一の間は焚かず、胴木に集中します。 が 勿体無いので黒楽を忍ばせてもらいました。

いつもの感じで言うと 1050 ~ 1080℃ あたりで 200時間 くらい練らす事になるので 狙いをはっきりとつける事は難しいのですが 上手くいけば 激渋い、かせた緑色になるはずです。 失敗すれば ただの茶色い器になります。

どっちに転ぶかは 窯出ししてからのお楽しみです。

一の間と胴木の窯詰めが終わり、野焼きも済み これにて仕事納め。 とは言いません。

貧乏性な私の触手は さらに調整室にまで伸びます。

先日 書いた事のある ( 気がする ) ものを テスト的に詰めておきました。

炎が思いっ切り渦巻く、なるべく温度の低いところに海成粘土を それ以外の 分炎柱の影やらの面白そうなところに 黒楽を仕込んでおきました。

そんなわけで 年明けも早々、三が日から 毎年恒例の 10日間焼成 が始まります。

毎年 一発目の窯焚きが最も厳しいものになるわけですが 窯出しの日を無事に迎えられるよう、集中して取り組みます。

これらの薪を全て使い切れば だいたい 10日間焼成 が終わりますが こうして改めて見ると とんでもない量です。 これでもかこれでもかと ひたすら投げ込んでやろうと思います。

年末と言えば 仕事納めともうひとつ。 来年の抱負。 というものがつきものです。

私のそれはもちろん ガハラの家にウォシュレットを設置する事です。

皆様 良いお年を

2回の閲覧
0カート