• SAC Bros. Company

伊賀磁器


目に煩いほどポップな色彩で 敵対心が皆無で恐怖。 人のような人ではない、そういった類のものに追われ続ける悪夢で目が覚めた。

ここ数年で最も恐怖した瞬間だったが 実生活とは無縁なものと切り捨て

私は薪をくべ続けている。

どうもこんばんは。motomanです。

Facebook 上では少しずつは近況報告をしていますが ブログ上での事で言うと…時系列がアレしますが。 今日、楽しみにしていたものが穫れたのでその件でも。

後日 改めてまとめようと思いますが、先月末は伊賀へ入り 新 学さんの窯焚きへお邪魔していました。

それが終わってからすぐ、普限窯の窯焚きが始まっています。

窯焚きからの窯焚きで、身体の芯に抜けない疲れが溜まりつつありますが 明朝を迎えて折り返し地点。 今こうしてる間も、メンバが火を繋いでくれています。

ちょっと間…ゆっくり寝かせてもらいマス。

初日の夜の番手から入り、攻め焚きで昇温させ 昨晩から通しで 24時間 の当番となりましたが 他のメンバがカバーしてくれたおかげで、小山さんと伊賀へ窯出しに行く事が出来ました。

窯出しの瞬間には立ち会えなかったのが残念ではありましたが 学さんの作品もしっかりと見せてもらいましたし 期待していた品が上々だったので…満足しました。

品を引き上げてとんぼ返り。 帰路で西浦商事に寄り、再び岸和田へと車を走らせました。

黒土の花入。

造りとしては、いつもの手のものです。 肩に掛かった灰がゴマになってます。

泉州の土に信楽の白を混ぜたもので成形した酒器。

緋色狙いだったので…良い感じに上がりました。

と、これらが今回の窯焚きの中で最も楽しみだったと言える 九谷の磁土を使った花器です。

長い目で見て、将来的に私は 磁土の焼締めをやりたいと思っていて、その為に土の選定をしている最中です。 これまた良い感じに上がりました。

左のものは非常に濃い焦げが象徴的で 右のものは柔らかな緋色が走りました。

今回は 2種類 の磁土を試験的に焼きましたが これから不要なものは削り、欲しい要素を足した磁土を作っていこうと思ってます。

茶碗も入れて頂きました。

緋色狙いではあったものの ここまで鮮やかな緋色が出るとは…というほど 火の走った跡がハッキリとわかる景色がつきました。

造りはかなり薄手で、高台の厚みは 2タイプ を用意しましたが 成形段階で最も留意していた 高台の形の違いによる焼き歪みの差はほとんどありませんでした。

見込みはこんな感じです。

緋色と見比べてみると、柔らかな雰囲気です。

緋色の新たな魅せ方の可能性を感じ これを見た瞬間、板皿か大壺なら…壮観だろうな。と直感したので 次はそれらに挑戦したいですね。

磁土という白いキャンバスの上を炎が景色を描くのだから 勢いを感じずにはいられません。

炎が描く景色が際立つ器形とは…どういったものが最も有効であるか。という点を考えつつ 今日はゆっくりと早めの就寝を決め込もうと思います。

磁土の薪焼成に関しては、今までの実験データから 表面が剥離する可能性があるという事実を知り それを解決する為の昇温グラフを色々と考えていましたが 偶然にも、今回の学さんの焚き方が私の予想とかなり近しいところがあり 結果も満足いくもので 感謝です。

次の実験で剥離が起こらなければ、予想は当たり。と言えそうなので 今月末に出る結果がこれまた楽しみです

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0