• SAC Bros. Company

削りの妙

伊賀でお借りしている家は、聞くところによると… 築150年だそうです。

屋根が非常に大きくて立派で、立地としても南向きとスカッとしてますが

屋根が非常に大きいのと、リビングが南側にある事もあり

割とこの時期、日中でも暗めです。


リノベーションした時、キッチンとリビング2部屋を繋げ

ひとつの大きな空間にしたのですが

大阪に居た時、仕事場につけていたシーリングファンを取り付け

せっかくなので同じタイプのものを探し、もひとつ付けてます。


お蔭で

夏でもエアコンなしで過ごしてます。

ご飯を食べたりすると汗が滲みますが、なんというか

虫の声を聞きながら、そういう風に過ごすのも

なかなか良いモンです。



さて

今回は前回の無理矢理ひっぱった話の続きでも。


色々とチマチマと削るわけですが

その時、重さに関して留意しています。といったような事を書きました。


一口に重さと言っても奥が深いもので

ハイカーが、リュックの中身を

軽いものを下に、重いものを上にして詰める事で

体感として、楽に背負う事が出来る。というのと同じ理屈で

私が削るものも同様

全体のバランスとして、上を重く(厚く)下を軽く(薄く)する事で

重心の位置が上部へ寄り、手取り感に大きな違いが生まれます。



まぁそういった事を考えながら

割と大きなものであっても、気を付けてしこしこと削っておるわけです

29回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0